ソ連最後の指導者ゴルバチョフ氏死去

ソ連最後の指導者ゴルバチョフ氏死去 東西冷戦に終止符
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR3103K0R30C22A8000000/

『【この記事のポイント】

・旧ソ連最後の指導者として東西冷戦を終結させた
・ベルリンの壁崩壊を導き、東西ドイツ統合に道開く
・1990年にノーベル平和賞を受賞した

旧ソ連最後の最高指導者で初代ソ連大統領となったミハイル・ゴルバチョフ氏が30日、死去した。タス通信などロシアの複数の通信社が、モスクワの中央クリニック病院の話として伝えた。91歳だった。東西冷戦を終結させ、ベルリンの壁を1989年に崩壊に導き、その後の東西ドイツ統合を実現した最大の立役者。90年にノーベル平和賞を受賞した。

タス通信によると、中央クリニック病院は「重い長期の病気の後、ミハイル・セルゲービッチ・ゴルバチョフ氏が今晩、死去した」と述べた。死因など詳しいことは明らかにしていない。

タス通信は関係者の話として、ゴルバチョフ氏は新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年に同病院に入り、療養を続けていたと報じた。ただ、死因は新型コロナではないという。

モスクワのノボデビッチ墓地に、先に死去したライサ夫人の隣に埋葬されることになるとの見方も伝えた。

1987年12月、ホワイトハウスで中距離核戦力条約に署名するレーガン米大統領(右)とゴルバチョフ・ソ連書記長(いずれも当時)=ロイター

【ゴルバチョフ氏死去 写真特集】

1931年3月ソ連ロシア共和国南部のスタボロポリ地方生まれ。55年モスクワ大法学部卒業後、故郷に戻り共産党での活動を本格化した。85年にチェルネンコ氏の死去を受けて54歳の若さで最高指導者である共産党書記長に就任した。

立て直しと情報公開を意味するペレストロイカ、グラスノスチを提唱し、経済的に閉塞感が漂い、秘密主義が横行していたソ連の政治・経済体制の改革を断行した。

書記長就任前から英国のサッチャー首相(当時)が「彼となら仕事ができる」と述べるなど、従来のソ連の指導者のイメージを一新した。西側では「ゴルビー」の愛称で人気を集めた。

新思考外交を掲げ、イデオロギー色が強い外交政策を転換した。米国のレーガン大統領(同)とは87年に中距離核戦力(INF)廃棄条約に調印するなど核軍縮の流れを決定づけ、89年12月にはマルタで米国のブッシュ大統領(同)とともに東西冷戦終結を宣言した。中国との関係改善やアフガニスタンからの軍撤退も実現した。

90年には一党独裁の放棄や大統領制の導入などを決め、自ら初代大統領に選出された。しかし、91年8月のクーデター未遂を契機に権力はロシア共和国の大統領となっていたエリツィン氏に移った。同年12月に独立国家共同体(CIS)創設に伴うソ連崩壊で大統領を辞任した。

辞任後はシンクタンク、ゴルバチョフ財団を創設し、海外での講演や環境保護運動などを中心に活動、日本にも頻繁に訪れた。ただ、国内ではソ連崩壊とその後の混乱を招いたとして人気は低く、96年の大統領選では得票率が0.5%にとどまった。

2006年11月、ドイツで頸(けい)動脈の手術を受けるなど健康不安が出ていた。アルツハイマー病も発症しており、近年は活発な活動は控えていた。

ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、ゴルバチョフ財団が2月26日、一刻も早い戦闘停止と和平交渉開始を呼びかける声明を出した。平和の実現を祈る情報発信を続けていた。

【関連記事】

・ゴルバチョフ氏死去 ペレストロイカで世界に新風
・ゴルバチョフ氏死去 岸田首相「果断な実行力」
・ゴルバチョフ氏死去 バイデン米大統領「希代の指導者」
・国連総長「歴史変えた」 ゴルバチョフ氏悼む声相次ぐ

ニューズレター
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

村上芽のアバター
村上芽
日本総合研究所創発戦略センター シニアスペシャリスト
コメントメニュー

ひとこと解説

ゴルバチョフ、ペレストロイカ、グラスノスチ。冷戦終結に至る呪文のような言葉のうち、改めて意味が大きいと感じるのはグラスノスチ(情報公開)です。トップが自分に都合の悪い情報を隠し、それを部下に強要することの醜さ、それは国でも企業でも同じでしょう。今のロシアで、尊敬された状態で「お別れの会」が開かれてほしいものです。
2022年8月31日 8:29

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 特任編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説

①ソ連邦の解体。プーチン氏はそれを「悲劇」「歴史的惨事」と受け止め、大ロシアの復活に突き進んでいます。それはゴルバチョフ路線に対する逆コースであり、ゴルバチョフ氏が幕を引いた冷戦の復活でもあります。
②ゴルバチョフ氏にソ連体制の行き詰まりを実感させ、改革路線への転換を促したのはレーガン政権でした。軍事面ではSDI(スターウォーズ)計画に、ソ連の経済・技術力ではとても追いつけないと悟ることに。
③経済面で見逃せないのは、1985年に米国がドル安(プラザ合意)と並んで、原油安(逆オイルショック)を仕掛けたこと。原油収入に頼るソ連が音を上げることに。プーチン氏に直面する今との違いを痛感します。
2022年8月31日 9:47

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

20世紀、世界がもっとも忘れてはならない一人はゴルバチョフ。冷戦を終結させたのはなによりも功績である。長寿されてなによりのこと。ロシア人の平均寿命は60歳ぐらいといわれている。ゴルバチョフはきっと天国にいっている
2022年8月31日 7:46』