バイデン政権、台湾への武器売却を議会に要請へ

バイデン政権、台湾への武器売却を議会に要請へ 米報道
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB301JK0Q2A830C2000000/

『【ワシントン=共同】米政治サイト、ポリティコは29日、米国による台湾への11億ドル(約1500億円)規模の武器売却を承認するようバイデン政権が議会に要請する計画だと報じた。対艦ミサイル60基や空対空ミサイル100基が含まれるとしている。中国から軍事的圧力を受ける台湾を支える姿勢を打ち出し、中国をけん制する狙いがある。

米国は台湾関係法で、台湾が自衛のために必要とする武器の供与や防衛支援を約束している。台湾支援は超党派で支持されており、議会は承認する見通し。中国の反発は必至だ。

【関連記事】

・米国、台湾支援へ超党派新法 「政治の季節」強硬に傾く
・台湾海峡に嵐の予兆 米中の対立、危険な水域へ突入 』