チェコとポーランド、スロバキアの領空防衛へ

チェコとポーランド、スロバキアの領空防衛へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB290VP0Z20C22A8000000/

『【ブラチスラバ=AFP時事】チェコとポーランドが、隣国スロバキアの領空を防衛することが決まった。スロバキアが旧ソ連で設計されたミグ29戦闘機の運用を停止することを受けた措置。スロバキアの国防省報道官は27日の声明で「ミグ29戦闘機が地上待機となる9月1日から実施される」と説明した。

スロバキア軍に後継の米国製F16戦闘機が届く2024年まで続く。スロバキアはミグ29の維持費高騰やロシア人技師が徐々に出国していることを受け、運用を停止すると明らかにしていた。

ミグ29をめぐっては、ヘゲル首相が4月、ウクライナに派遣できると発言。同国に供与されたという報道が流れたが、ナジ国防相は今月否定し、ミグ29をどうするかは検討中だと説明していた。』