インドネシア、新首都名「ヌサンタラ」

インドネシア、新首都名「ヌサンタラ」
https://www.sankei.com/article/20220119-YKGMTMOTRBLBRPSXKA736GE2FQ/

『2022/1/19 20:24

【シンガポール=森浩】インドネシア国会は18日、ジャカルタからカリマンタン島東部への首都移転をめぐる関連法案を賛成多数で可決した。新首都名を「ヌサンタラ」とすることも承認した。2045年の移転完了を目指すが、約466兆ルピア(約3兆7千億円)という巨額の移転費用をどう捻出するかなど課題は山積している。

移転先はカリマンタン島の東カリマンタン州で、敷地予定面積は約25万6千ヘクタール。政府機能は移転されるが、経済の中心としての機能はジャカルタに残る。ヌサンタラはインドネシア語で「群島」を意味し、1万7千の島で構成される同国を示している。言語学者や歴史学者らが提案した候補名から、ジョコ大統領が選んだ。

ジャカルタは近隣を含めれば人口3千万人を超え、交通渋滞が激しく、年間の経済的損失は約100兆ルピアとされる。違法な地下水採取が原因とされる地盤沈下も深刻で、50年には市域の35%が水没するとのデータもある。長年にわたって首都移転計画はあったが、歴代政権は費用の問題などから実施できなかった。

ただ、既に国内では移転費用が膨張する可能性が取り沙汰されている。建設予定地はジャングルであるため、建設工事による環境破壊に懸念の声もある。24年に任期満了を迎えるジョコ氏は首都移転計画を軌道に乗せ、自らのレガシー(遺産)としたい意向だが、思惑通りに進むかは見通せない。』