北朝鮮の核兵器不拡散条約(NPT)脱退問題と米国の対応

北朝鮮の核兵器不拡散条約(NPT)脱退問題と米国の対応
https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_14-04-01-22.html

『<概要>
 北朝鮮は1985年に核兵器不拡散条約(NPT)に加入したが、同国が国際原子力機関(IAEA)保障措置協定に署名し、発効したのは1992年4月である。しかし、その後も北朝鮮の核兵器開発に対する国際社会の懸念は払拭されず、IAEAは、未申告施設の特別査察を要求したが、これに対し北朝鮮は、1993年3月にNPT脱退を宣言した。国連安全保障理事会は、北朝鮮に脱退宣言の再考を促す決議を行い、これを受けて米国は数回にわたり北朝鮮と協議を行い、1994年3月、北朝鮮の申告済み施設の通常査察を受け入れさせた。IAEAの査察不十分報告を受け国連安保理は査察を再勧告し、北朝鮮は、IAEAの即時脱退、査察拒否を表明した。再度、米国は北朝鮮と協議し、1994年10月に軽水炉転換を主内容とする核凍結に合意した。その後の合意の具体的詰めで、北朝鮮は韓国型軽水炉の受入れを拒否し、1995年3月現在交渉は中断している。』