クリミア半島内から報告されている二つの爆破攻撃。 いまだに手段が謎。

クリミア半島内から報告されている二つの爆破攻撃。
 いまだに手段が謎。
https://st2019.site/?p=20162

『Mark Cancian 記者による2022-8-23記事「What is blowing up those Russian bases in Crimea?」。

    クリミア半島内から報告されている二つの爆破攻撃。
 いまだに手段が謎。
 ミサイル飛翔を目撃した者はゼロ。残骸も皆無。同じ理由から、自爆機でもない。

 ゲリラ挺進攻撃もありえない。あそこから全員無事に戻ってこられるわけがない。しかも誰にも撮影されていない。これはウクライナ側によるディスインフォメーションだ。

 無人機からの投弾。ありえるが、「TB2」では不可能だ。衛星交信ができないので片道150マイル内でしか運用できない機体だし、吊下できる兵装が最多で4発ときている。サキ飛行場では9機が全壊しているのだ。
 ※自爆しても破片がまったく残らない、機体構造体そのものが「爆薬」であるような無人特攻機を開発する価値はあるだろう。現場に薬莢を残さない暗殺用消音銃の航空機版として需要あるはず。』