ロシアの反プーチン勢力が犯行声明 極右思想家の娘爆殺

ロシアの反プーチン勢力が犯行声明 極右思想家の娘爆殺
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB231AU0T20C22A8000000/

『ロシアの極右思想家アレクサンドル・ドゥーギン氏の娘でジャーナリストのダリア氏が自動車爆発で死亡した事件を巡り、プーチン政権に反対するロシアの地下組織が21日に犯行声明を出した。一方、ロシア当局は実行犯としてウクライナ国籍の女を特定したと発表した。

ウクライナメディアなどによると、ロシアのイリヤ・ポノマリョフ元議員が21日、ロシアの反体制派地下組織「国民共和党軍」による犯行声明を公表した。声明はプーチン大統領を「権力の強奪者」と非難している。

犯行声明の真偽や同組織について日本経済新聞は独自に確認できていない。米NBCはほとんど知られていなかった同組織が犯行声明で急速に注目を浴びたことに対し「極めて疑わしい」とする在英のロシア専門家の声を伝えている。

ロシアの防諜(ぼうちょう)・治安組織、ロシア連邦保安局(FSB)は22日、爆殺事件はウクライナ情報機関による計画的なものと断定、実行犯としてウクライナ国籍の女を指名手配した。同容疑者はエストニアに逃亡したと発表した。タス通信が伝えた。

ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問はSNS(交流サイト)投稿で「ロシアによる虚構のプロパガンダだ」などと説明し、ウクライナ側の関与を否定した。

ダリア氏は20日にモスクワ郊外で運転中の車が爆発して死亡した。各種報道によるとこの車は父親のドゥーギン氏が利用する予定だったことから、ドゥーギン氏を狙ったものとみられている。

ドゥーギン氏は、ロシアは欧米と異なる価値観を持つという「ネオ・ユーラシア主義」を提唱し、ウクライナ侵攻を推し進めるプーチン氏の思想的な支柱の一つとなっていた。死亡したダリア氏もジャーナリストとして、プーチン氏のウクライナ対応を支持していた。
【関連記事】

・ロシア極右思想家ドゥーギン氏の娘、車爆発で死亡
・ウクライナ、独立記念日控え緊張 ロシアの残虐行為警戒 』