アレクサンデル・ドュギンは、プーチンを筆頭に、多数のロシア政治家に影響を与えてきた、超国家主義者。その娘が爆殺された。

アレクサンデル・ドュギンは、プーチンを筆頭に、多数のロシア政治家に影響を与えてきた、超国家主義者。その娘が爆殺された。
https://st2019.site/?p=20146

『2022-8-21記事「Daughter of Putin ally Alexander Dugin killed by car bomb ? investigators」。

   アレクサンデル・ドュギンは、プーチンを筆頭に、多数のロシア政治家に影響を与えてきた、超国家主義者。
 その娘が爆殺された。乗用車のランドクルーザー・プラダに仕掛けられた爆弾により。
 場所はモスクワ近く。時刻は土曜の夜。

 その晩、父娘そろって文化祭に参加。その戻りの運転中であった。
 プラダのオーナーは父親であった。
 娘はふだんは別の車を運転するのである。しかしその日はたまたま、親父の車をころがして帰宅することに。
 親父は別な場所に用事があって、別行動だった。

 29歳の娘は今年テレビに出演してウクライナ侵略を支持していた。』