日韓関係はよくなるの? 尹政権、改善意欲は強く

日韓関係はよくなるの? 尹政権、改善意欲は強く
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD150SG0V10C22A8000000/

 ※ こう支持率が低いんでは、「国内世論」に配慮せざるを得ないんで、ズルズルと「先例踏襲」「現状維持」を引き伸ばして、任期だけが過ぎて行く…、という感じだろうな…。

 ※ そして、何か「大変動」が生じて、右往左往する…、という感じか…。

 ※ どっかの国と、同じだな…。

 ※ あと、表には挙がっていないが、「トリチウムを含んだ処理水放出」の問題もある…。

 ※ それから、佐渡金山や軍艦島の「世界遺産」登録の問題もある…。

 ※ ああ、仏像問題もあったな…。

『「日本と韓国の間で政治や外交の対立が続いているね」「韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は日本との関係を重視しているようだけど、今度こそ修復に向かうのかな」

日韓関係についてバーチャルキャラクターの日比学くんと名瀬加奈さんが峯岸博編集委員に聞きました。

ニッキィの大疑問トップページ

日比くん 3月の尹大統領の当選から日韓関係にどんな変化がありましたか。

8月15日の大統領演説が韓国の変化を象徴しています。日本に不満や要求をぶつけず、日韓が未来志向で協力する重要性を説いたのです。

尹政権は自由や民主主義の価値を共有する日本、米国との連携を重視しています。当選後の各国との電話協議から米国のバイデン大統領、次に岸田文雄首相という順番にこだわりました。日本も尹氏が派遣した代表団の面会希望に全面的に応じました。

北朝鮮や中国への気遣いが目立った文在寅(ムン・ジェイン)前政権下で、駐日大使が離任直前まで日本の外相と面会できなかったのとは対照的です。新政権となり雰囲気はずいぶん変わりました。

名瀬さん 中国や北朝鮮問題はどう作用しますか。

韓国の政権交代を機に、米国を交えた3カ国協議が急増しています。中朝は「日米韓」の枠組みに神経をとがらせ、文前政権も協議に消極的でした。尹政権は北朝鮮の核・ミサイル開発などに対抗し、日米との安全保障協力に積極的に取り組んでいるのです。

米韓同盟はもともと北朝鮮の脅威に対処するものです。しかし米国は中国やロシアと対立を深めており、米韓同盟の目的も「インド太平洋地域の平和と繁栄」まで広がりました。中ロの軍事協力にも警戒を強める米国が、同盟国の日韓に関係修復を強く働きかけている事情もあります。

懸念されるのは、2018年に韓国軍が自衛隊機にレーダーを照射した問題が尾を引いていることです。自衛隊と韓国軍の間には相互不信が残っています。近い将来、中朝ロが同時に日米韓をかく乱する行動に出る可能性もささやかれています。日韓の間で軍事機密を共有する協定(GSOMIA)を早期に正常化させる必要があります。

日比くん 日韓の最大の障壁である元徴用工訴訟問題もなかなか進展しません。

原告側の一部は一貫して日本企業との直接交渉や謝罪を求めているため、尹政権は意見集約に手間取っています。

韓国政府は韓国企業などが出資する基金や韓国政府が賠償を肩代わりする「代位弁済」を検討中です。ただこうした措置に必要な予算や法律が国会で成立するメドは立っていません。各種世論調査で大統領支持率が20~30%台に落ちているのも不安材料です。

この問題は1965年の協定によって国家間では解決済みです。大統領を先頭に韓国政府が原告を含む国民を説得し、日本がその動きを支援できるかがカギとなります。

名瀬さん 対立による経済への影響も心配です。

2019年に日本は韓国への半導体材料などの輸出管理を強化する措置をとり、韓国で日本製品の不買運動が起きました。最近は沈静化したものの、不買運動の間にシェアを奪われた日本製品もあります。1度失った顧客を取り戻すのは容易でないと企業の担当者は表情を曇らせます。

日韓両政府は6月から、新型コロナウイルス対策の入国制限を緩和しました。観光客の往来が戻るかは外交関係に影響される面もあります。

政権交代や安保環境の悪化を受け、韓国内の対日ムードがやわらいでいるのは間違いありません。ただ日本には政界を中心に韓国への厳しい空気が残っており、日韓関係が正常な軌道に戻るには時間がかかりそうです。経済や安保へのマイナスは大きく、まずは元徴用工問題の一刻も早い決着が望まれます。

ちょっとウンチク 対日で「視線」を意識

「ヌンチを見る」という言葉が韓国でよく使われる。日本語の「他人の視線を意識する」とほぼ同じ意味だ。競争社会を要領よく生き抜くスキルとして重視されているが、対日関係でも陰の主役である。

日本製品も日本旅行も大好きという韓国人は多い。しかし文在寅前政権下では「日本に負けるな!」と号令をかけられ、空気を読まざるを得なかった人もまた多かった。

私たちは集団主義だから、と韓国の知人は話す。そんな隣国のヌンチも、日本に友好的な新大統領の登場により、民間レベルでは大きく好転している。

(編集委員 峯岸博)
ニューズレターで注目テーマ深掘り メール登録はこちらNIKKEI Briefing
https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=B002&n_cid=BREFT071