三菱重工の再抗告巡る決定、19日は見送り…元徴用工問題で韓国最高裁

三菱重工の再抗告巡る決定、19日は見送り…元徴用工問題で韓国最高裁
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d290c2e9f93b547e5afa40e99f4ead79187f18a

 ※ そうやって、「一寸延ばし」にしたところで、いずれ「何らかの判断」を示さなければならないだろうに…。

 ※ 次の「山場」は、8月末日(水)か9月4日(日)か…。週末の金曜日は、9月2日だ…。最大限引っ張って、9月2日か…。

 ※ 日本政府は、とっくに「シミュレーション」済みで、どうなってもいいように「対策準備済み」のようだ…。

 ※ 事が「安全保障」絡みの話しになるんで、米政府とも協議済みだろう…。

『【ソウル=溝田拓士】日韓間の最大の懸案である元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)訴訟問題に絡み、聯合ニュースは19日、大法院(最高裁)が資産売却命令に関する三菱重工業の再抗告についての決定を19日午後6時までの業務時間内に出さなかったと報じた。

 上告審手続きに関する特例法によると大法院は、再抗告を受け付けてから4か月以内であれば理由を示さずに「審理不続行」との判断で棄却できる。「4か月」の期限にあたるのが19日で、大法院の判断が注目されていたが、棄却するかどうかの決定を見送った模様だ。

 聯合ニュースは、三菱重工業の訴訟を担当する大法院判事が9月4日に任期満了で退任予定だとして「遅くとも8月中に決定が出る見通し」とも伝えた。』