ウクライナ東部ハリコフで攻撃激化 死者20人超に

ウクライナ東部ハリコフで攻撃激化 死者20人超に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR19DDC0Z10C22A8000000/

『【ウィーン=細川倫太郎】ウクライナ東部ハリコフ州でロシア軍による攻撃が激しくなっている。ここ数日間の住宅地などへの砲撃によって、19日までの死者は21人に達したと伝えられている。同州の知事はSNS(交流サイト)で同日早朝にも5回の砲撃があり、女性1人の死亡を確認したことを明らかにした。

ウクライナメディアによると、19日の砲撃では企業の建物や学校などが破壊された。これまでの負傷者は40人以上に上り、犠牲者が増加し続けている。

英国防省は19日「ロシア軍の前線から約15キロメートル離れたハリコフは大半の部隊の射程圏内にあり、複数のロケット砲と精度の低い兵器が多くの街に破滅的な被害をもたらした」と指摘した。ロシア側はウクライナ軍を東部の戦線にとどめることで、他の地域での同国軍の反撃を抑えようとしていると分析した。

【関連記事】

・欧州ガス再び高騰、ロシア供給減に熱波・水不足追い打ち
・中ロ首脳、9月に直接会談も 米紙報道 』