ウクライナ原発への調査団派遣 仏ロ首脳、重要性で一致

ウクライナ原発への調査団派遣 仏ロ首脳、重要性で一致
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR19DAS0Z10C22A8000000/

 ※ 原発攻撃して、放射性物質をまき散らすとか、「狂気のさた」だろう…。

 ※ 今般のロシア・ウクライナ戦争は、「人間の愚かさ」の見本市みたいなものだな…。

『【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は19日、電話協議した。両首脳はウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所について、早期に国際原子力機関(IAEA)の調査団を派遣することが重要との認識で一致した。ただロシア軍は同原発を軍事拠点にしているとみられ、派遣実現は依然として不透明感が大きい。

ロシア大統領府によると、プーチン氏は現地調査に必要な支援を提供する用意があると表明した。ロシア側によると、電話協議は仏側が提案した。

ロシアが占拠するザポロジエ原発近辺では爆発が相次いでいる。仏大統領府によると、マクロン氏はプーチン氏に原発の安全性への懸念を表明したという。

ウクライナは同原発の非武装化を求めているが、ロシア側は応じていない。ロシア軍は反撃を受けにくい拠点とみて同原発に弾薬を運び込んでいるとの情報がある。

ウクライナのゼレンスキー大統領は19日に公開した動画で、調査団の派遣に向けて詳細をIAEAや国連などと協議していると説明した。

【関連記事】

・国連総長ウクライナ入り ゼレンスキー氏と会談へ
・ウクライナの原発、安全なお不透明 国連仲裁も
・IAEA事務局長、ウクライナ原発への調査団派遣を協議 』