列車が山火事に遭遇 観測史上最悪の熱波被害のスペイン

列車が山火事に遭遇 観測史上最悪の熱波被害のスペイン
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5364666.html

『スペインは47年にわたる観測史上最悪の熱波に見舞われた。同国 のペドロ・サンチェス首相は、熱波により500人以上が死亡したと発表した。記録映像

最高気温が40度超えになるなど記録的な熱波に見舞われているスペインでこのほど、 列車が火災の起きている森林のそばを通過する出来事があった 。列車内からの映像
FireShot Webpage Screenshot #1860 – ‘Bejís

スペイン南東部バレンシア州のベヒスBejís, Valencian region, Spain近くで、乗客を乗せた列車に山火事が接近し、一部の乗客がパニックに陥って列車から降りた。そのうち20人が負傷、3人が重度のやけどを負った。ガーディアンが報じた。消息筋によると、サグントからサラゴサに向かっていた列車に山火事が接近し、停車した。運転士はギアをバックに入れたが、乗客の一部がパニックに陥り、窓を割って列車から降りた。

Jumping-off-the-train-because-of-the-forest-firenhay-khoi-tau-vi-chay-rung-1660736506

スペインの鉄道会社レンフェの代表者は「彼らは火に囲まれているのを見るとすぐに列車へ戻った。そのうち数人はやけどを負った」と語った。負傷者は、この列車で運ばれた。3人はヘリコプターで近くの病院へ搬送された。命に別状はないという。

17日報道では、スペイン東部のバレンシア地方では、落雷により山火事が発生。14日から道路が閉鎖され、約2000人が避難しているとされ、一方、フランスの首都パリで16日、大雨が発生し、地下鉄の複数の駅が洪水の影響を受けた。

FireShot Webpage Screenshot #1859SEC_115239677

フランスでは全土にわたり熱波が続いており、週内にも南部の大半が嵐に見舞われる可能性があるという。

8月6日に発生し14日にほぼ鎮火していたポルトガル中部の山火事は15日に再び燃え上がり、複数の村で避難を余儀なくされた。左下は、2022年7月中旬前後までの欧州での熱波と山火事の発生状況。 英文記事と画像 英文記事 英文記事  参照記事』