「量子コンピュータ」は今解けない無数の社会課題を解決するための手段だ

量子コンピュータの発展史(リンク集) – とね日記
https://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/91fa592173ea1b2a6e53ae0c84323751

 ※ 量子コンピュータで、「計算が速くなる」という話しのイメージ図…。

 ※ 現行のコンピュータで、3bitの計算を行おうとすると、「8回の操作(演算)」が必要となる。

 ※ それに対して、量子コンピュータでは、「3quantumbit」あれば、その「8個の状態」を「1個で」表現(保持)できるから、「1回の操作(演算)」で処理できるはず…。

 ※ まあ、イメージ的には、そういう話しのようだ…。

「量子コンピュータ」は今解けない無数の社会課題を解決するための手段だ:研究開発:日立
https://www.hitachi.co.jp/rd/sc/story/qc/index.html

 ※ 今回の収穫は、コレ…。

 ※ 「近似値が低くて解けていない問題」という領域がある…。

 ※ 別に、「汎用量子コンピュータ」が開発できていなくても、そういう問題に対して「十分な近似値」を叩き出すことができれば、それで「人の生活を、より良いものにする」には十分…、という話し…。