北戴河会議が終了したようだ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
      令和四年(2022)8月17日(水曜日)弐
          通巻第7433号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(休刊のお知らせ)明日(8月18日)から22日まで小誌は休刊です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
北戴河会議が終了したようだ
   共青団、勢力を盛り返したのか? 最高幹部等の結論は?
****************************************
 中国共産党最高幹部とOBらが集まる北戴河会議が16日までに終了したようである。
 というのも、8月16日、中国のシリコンバレーといわれる深センに李克強首相が現れたからだ。
 トウ小平の南巡講話(92年春節)も、広東省の深センで行われた。李克強は、これを意識して、会議後初の訪問地を選んだ筈である。

 深センで李克強首相は党幹部や企業幹部を集め、「中国の技術ハブは、低迷する経済を安定させる上で大きな責任を負う」と呼びかけた。

 この訪問は、経済の冷え込みが懸念される環境にあって、南部工業地帯の現地視察をなし、一方で李は広東の幹部らと面談した。またオンラインで江蘇省、浙江省、山東省、河南省、四川省の幹部と話し合い、「政府の政策を最大限に活用し、経済を安定させ、雇用を確保するために市場の原動力を堅持する」と発破をかけたという。

 ところが、上海と福建省の幹部はオンライン会議には出席しなかった。つまり習近平の影響がつよい地区の党委員会は李克強には非協力という態度を示したことになる。

 李首相は深センの「ギャラクシー ・インダストリアル・ グループ」も訪問し、起業家グループに会った。「広東省は中国の輸出の鍵。深センは半導体製造とデジタル化のハブだ」と李はくり返した。こうした一連の行動に何を読み取るべきか。

     □☆□☆み□☆☆□や☆□☆□ざ☆□☆□き☆□☆□
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇◆◇☆◇◆◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 リズ・チェイニー、共和党予備選で敗北
  党内トランプ批判の急先鋒、無名の新人に敗れる
****************************************
 11月の連邦議会下院議員選挙で四期目を目指したリズ・チェイニーが8月16日に開催されたワイオミング州の共和党指名大会で、トランプ前大統領が推薦した無名の新人候補に敗れ去った。
 全米メディアは、このリズ敗北が一面トップニュースだ。

 リズは元副大統領ディック・チェイニーの娘。共和党にありながらトランプ弾劾を主張し、党内主流派から嫌われていた。予備選で敗れるとは、いかにトランプの人気が根強いかを物語る。

父親のチェイニーはブッシュ・ジュニア政権の重鎮で、殆どの外交はチェイニーが主導し「最強の副大統領」といわれた。もともとは政治志向の法律家で、ニクソン政権で法律顧問、フォード政権では大統領首席補佐官、そして下院議員六期を経て、レーガン政権で国防長官。95年から2000年のブッシュ政権誕生まではハリバートン社の重役を務めた。

副大統領八年、引退後も政界に強い影響力を持ち、「ディープステートの黒幕」とも「ネオコンの闇将軍」とも言われたが、過大評価だろう。

 アラスカ州ではトランプ支持のサラ・ペーリンが共和党予備選で下院議員候補に当選の勢い、指名獲得が射程に入ったという。ペーリンは熱心なティパーティ運動活動家としてもしられる。
ペーリンは元アラスカ州知事で、2016年には熱烈にトランプを支援した。2008年の大統領選挙ではマケイン共和党候補の副大統領候補となった。

 2024年の大統領選で「副大統領」候補に有力視されているのはニッキー・ヘイリー元国連大使(元サウス・カロライナ州知事)である。

 2022年の中間選挙結果次第だが、FBIのトランプ別邸捜索にもかかわらず、トランプ人気はまったく衰えを見せていない。

          ◎◎◎