ウクライナがロシアの雇い兵組織「ワグネル」の基地を攻撃か

ウクライナがロシアの雇い兵組織「ワグネル」の基地を攻撃か
https://news.yahoo.co.jp/articles/dec12aa1a90994cfd84e882f008e6751b3cd184c

『ウクライナでの戦争で、ひそかに活動しているとされるロシアの雇い兵集団「ワグネル」のウクライナ東部にある本部基地を、ウクライナが砲撃したとの情報が出ている。

砲撃による被害の程度は明らかになっていない。ワグネルには戦争犯罪の疑いがもたれている。

東部ルハンスク州のセルヒィ・ハイダイ知事は、「ロシア人ジャーナリストのおかげで所在地が判明した敵の本部を攻撃した」とテレグラムに投稿。

「今回、見事な攻撃によって、ポパスナのワグネルPMC(民間軍事会社)本部を昨日破壊した」、「死者数が明らかになりつつある」と書いた。

ウクライナ国会議員のオレクシー・ホンチャレンコ氏は、「ポパスナにはもうワグネル本部はない。ありがとう、ハイマース(高機動ロケット砲システム)とウクライナ軍!」とフェイスブックに投稿した。

ウクライナ紙ウクライナ・プラウダによると、親ロシア派ジャーナリストのセルゲイ・スレダ氏は8日、ワグネルの基地を訪問した際に撮影した写真をテレグラムに投稿。写真の左上部には、ルハンスク州ポパスナの道路標識が写っていた。写真は削除されが、ソーシャルメディアで拡散され続けている。

BBCは、この写真と今回の砲撃の関連を確認できていない。

「コテノク」と呼ばれる親ロシア派の戦争記者は、「ポパスナのワグネルPMCの拠点のひとつで攻撃があった。ドンバスの情報筋が認めている。おそらく『ハイマース』だろう」と、テレグラムに投稿した。

ポパスナは、ルハンスク州セヴェロドネツクの南に位置する。同州は、数カ月にわたる激しい戦闘と大規模な破壊を経て、現在はロシア軍が全面的に掌握している。

■ワグネルとは

ワグネルは民間軍事会社とされる。だが西側の専門家は、ロシアの国益のために行動する、同国の支援を受けた雇い兵組織だと説明する。度重なる戦争犯罪や人権侵害の疑いがかけられている。

2014年には、ウクライナ南部クリミアと東部ドンバス地方に派遣された。これらの地域では、ロシアの支援を受けた部隊がウクライナ軍を追放。のちに、ロシアの一部だと宣言している。

ワグネルはまた、シリア、リビア、マリ、中央アフリカの各国にも送り込まれている。

ロシア政府は、ワグネルの存在を認めていない。しかし、西側情報機関はワグネルについて、「プーチンのシェフ」の異名をもつエフゲニー・プリゴジン氏と関連があるとしている。同氏は、ケータリング事業を通してウラジーミル・プーチン大統領と軍を長年助けてきたとされ、西側の制裁対象となっている。

親ロシア派の戦争記者「コテノク」は、今回のワグネル基地への攻撃に絡んで、「ウクライナの情報筋はプリゴジンが死んだとしている。私たちはそれを確認していない」とテレグラムで書いた。

ウクライナでは7月29日、東部オレニフカ刑務所で火災が発生し、ウクライナ人捕虜数十人が死亡した。これにワグネルが関わっていたとの情報が、ウクライナで浮上している。ロシアは、ウクライナ軍が刑務所を砲撃したと非難している。火災の状況は不明のままだ。

(英語記事 Ukraine hits Russian Wagner mercenary HQ in east)』