FBI、11の機密文書を押収 トランプ氏の邸宅捜索

FBI、11の機密文書を押収 トランプ氏の邸宅捜索
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12C3P0S2A810C2000000/

『【ワシントン=中村亮】米連邦捜査局(FBI)がトランプ前大統領の邸宅の家宅捜索で、11の機密文書を押収したことが12日、分かった。南部フロリダ州の裁判所が捜索令状や付属文書を公開した。FBIはスパイ活動法違反や捜査妨害の可能性があるとして、トランプ氏を捜査している。

FBIは8日、フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の邸宅を捜索した。押収物のリストには「TS/SCI」と分類された文書がある。米メディアによると、最高機密のなかでも特にアクセスが限られたり、特別な施設で保管したりしている情報だという。これとは別に「Miscellaneous Top Secret Documents(さまざまな最高機密文書)」と分類された複数の文書も押収された。

【関連記事】

・トランプ氏、捜査令状の公開容認 司法長官は正当性強調
・FBI施設に侵入未遂、武装の容疑者は射殺 米オハイオ州

最高機密の具体的な内容は明らかになっていないが、米紙ワシントン・ポストは核兵器の関連文書が捜索の対象になったと報じていた。写真が入ったバインダーや手書きのメモに加えて、「フランス大統領に関する情報」と区分されたものもFBIの押収リストに含まれていた。

トランプ氏が違反した可能性があるとFBIが疑うスパイ活動法は、国防関連の情報を不適切に扱うことを禁じている。FBIは捜査を妨げる目的で文書を隠したり、政府の記録を不適切に持ち出したりすることを禁じる法律にトランプ氏が違反したかどうかも捜査している。

トランプ氏は12日の声明でFBIの押収物に関して「まず第一に全て機密は解除されていた」と主張した。「第二に何も押収する必要はなかった」と指摘した。提出を求められれば協力する意向があったとの主張とみられる。

司法省は11日、裁判所に対して捜索令状の公開を申請し、トランプ氏は公開を容認した。司法省は公開を通じ、大統領経験者に対する異例の家宅捜索に踏み切った理由を米国民に示し、捜査の正当性を訴える思惑があった。

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN12C3P0S2A810C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』