英国防相「ロシアは負け始めた」 ウクライナ侵攻で

英国防相「ロシアは負け始めた」 ウクライナ侵攻で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB12B2B0S2A810C2000000/

『【ロンドン、キーウ=共同】ウォレス英国防相は11日、ウクライナ侵攻を続けるロシアについて、(全土の)占領は困難で侵攻は南部と東部に絞られてきたと指摘し、攻勢は頓挫して「負け始めている」と強調した。英メディアが報じた。

ウクライナ東部ドネツク州のキリレンコ知事は12日、ロシア軍によるバフムトなど州内各地への11日の攻撃で市民7人が死亡、14人が負傷したと通信アプリで明らかにした。ドネツク州を中心に市民が犠牲になる戦闘が続いている。

ウクライナ軍の報道官は12日、空軍機がロシア軍が占拠する南部ヘルソン州の2カ所に空爆を行い、ミサイル攻撃では弾薬庫などを破壊したと発表した。

東部ハリコフ市のテレホフ市長は12日、同日未明に市内へ5発のミサイル攻撃があったと通信アプリで明らかにし、地元検察によると1人が死亡した。

市民への退避命令に基づく強制退去の列車は12日もドネツク州パクロフスクから西部リビウに向け運行。ベレシチューク副首相は11日、同州以外でも強制退去の実施を検討していると述べた。

【関連記事】

・ロシア軍の航空部隊能力が低下 クリミア基地爆発で
・ウクライナ南部原発に「災害リスク」 砲撃で1基停止

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB12B2B0S2A810C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』