サムスントップに特赦 韓国政府、就業制限を解除

サムスントップに特赦 韓国政府、就業制限を解除
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM120QE0S2A810C2000000/

『【ソウル=細川幸太郎】韓国法務省は12日、サムスン電子トップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の特別赦免(日本の恩赦に相当)を決定した。2021年に仮釈放を受けていた李氏の就業制限が解かれ、経営主導体制が整うことになる。今回の赦免の対象は経営者らが多く、注目を集めていた李明博(イ・ミョンバク)元大統領は含まれなかった。

赦免は15日付。韓国では毎年、日本の植民地支配からの解放を祝う8月15日の「光復節」の祝日に合わせて政府が赦免を実施している。

李在鎔氏は17年に朴槿恵(パク・クネ)元大統領側への贈賄容疑で逮捕され、実刑判決を受けて収監された。21年8月に仮釈放となり実質的に経営復帰したものの、役職就任や海外出張など一部の経済活動を制限されていた。

今回の「復権」と呼ぶ赦免によって罪が免除されて就業制限がなくなり、李氏が本格的にサムスングループの経営を主導することになる。財界関係者によると、人事やM&A(合併・買収)などで大胆な経営判断が可能になるという。父親の李健熙(イ・ゴンヒ)前会長の死後、空席が続く会長職への昇格準備も前進する見通しだ。

法務省は李在鎔氏ら経済人の赦免について「グローバル経済危機において景気低迷の長期化が憂慮される中、技術投資と雇用創出を通して経済危機克服に寄与する機会を与える」とした。これに対して李在鎔氏は同日、記者団に対して「国家経済のために一生懸命がんばります」と短くコメントした。

赦免対象には贈賄罪などで執行猶予中のロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長も含まれた。辛会長は制限なしに経営復帰しており、名誉回復という意味合いが強い。

一方で、李明博・元大統領の赦免は見送られた。同氏は健康状態を理由に刑務所から病院に移送され、一時的に懲役刑の執行を停止している状態だ。尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は12日の赦免発表前に記者団に対して「今回の赦免は経済回復に重点を置いた」と話した。

韓国では元大統領や財閥トップらが政治判断で罪を帳消しにされてきた経緯がある。21年12月には文在寅(ムン・ジェイン)前政権が朴槿恵・元大統領の特別赦免を決めた。大統領など政権側が政治情勢に応じて恣意的に赦免対象者を選ぶ傾向があり、国内外から批判的な見方もある。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

峯岸博のアバター
峯岸博
日本経済新聞社 編集委員・論説委員
コメントメニュー

ひとこと解説

朝鮮戦争後、韓国がアジア最貧国から経済先進国へ驚異的なスピードで駆け上がった最大の秘訣は大統領府とサムスンなど巨大財閥による二人三脚でした。しかし、両者のもたれ合いは民主化後に「政経癒着」と糾弾され、朴槿恵政権末期以降は政権との不正な関係が問われた財閥首脳らが逮捕、収監されました。5年ごとに権力者が入れ替わる韓国で同じ轍を踏まないため、特赦されたサムスンの李在鎔副会長も政権との間合いには慎重にならざるを得ません。一方で、支持率低迷にあえぐ尹錫悦政権は経済再生へ財閥と接近を強めるでしょうし、財閥側も円滑な企業経営のためには絶大な権力を握る大統領の要請をむげに断りにくいのも韓国社会の現実です。
2022年8月12日 18:57 』