金正恩氏、新型コロナで「勝利宣言」 感染者ゼロと主張

金正恩氏、新型コロナで「勝利宣言」 感染者ゼロと主張
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM110AT0R10C22A8000000/

『【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が10日の演説で、新型コロナウイルスの危機を解消し「勝利宣言」をしたと伝えた。12日間にわたり新たな感染者を確認しておらず、5月以降に強化した防疫体制のレベルを引き下げるという。

同通信によると、金正恩氏は朝鮮労働党と内閣が10日に招集した非常防疫総括会議で「悪性感染症の危機が完全に解消されたという結論に達した」と述べた。7月29日から新たな発熱者が出ておらず、最後の全快者が報告されてから7日が経過したと説明した。

この間の感染者はすべてオミクロン型の派生型「BA.2」で、それ以外の変異型ウイルスの流入はないと強調。感染が広がった5月以降の死者は74人にとどまり「致命率は世界保健界で空前絶後の奇跡といえる非常に低い数値を記録した」などと指導部の感染症対応を自賛した。

会議では金正恩氏の妹で党副部長の金与正(キム・ヨジョン)氏が、新型コロナの感染源は韓国の脱北者団体が大型風船で飛ばしたビラだったと主張した。「反人倫的な犯罪だ。非常に強力な報復を加えなければならない」と述べ、韓国への様々な対応を検討中だと明らかにした。

脱北者団体は金正恩体制を批判するビラを北朝鮮に向けて風船で飛ばす活動を展開している。北朝鮮の防疫当局は7月、韓国から舞い込んだ「見慣れない物」に触れた軍人と幼稚園児が最初に感染したとする調査結果を宣伝していた。

北朝鮮は5月12日に平壌で初めて「オミクロン型」の感染者を確認したと公表し、都市を封鎖した。一時は1日当たりの発熱者が39万人に上った。』