台湾外交部長、中国の軍事演習「重大な国際法違反」

台湾外交部長、中国の軍事演習「重大な国際法違反」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM092ES0Z00C22A8000000/

『【台北=龍元秀明】台湾の呉釗燮・外交部長(外相)は9日、台北市内で記者会見を開き、ペロシ米下院議長の訪台に反発する中国が台湾周辺で軍事演習を続けていることをめぐり「重大な国際法違反だ」と強く非難した。「(演習は)地域で最も交通量の多い海路・空路の正常な運営を妨げている」とも述べた。

【関連記事】

・中国、軍事演習継続で台湾に圧力 全面対立に慎重姿勢も
・米軍、対中国の警戒態勢維持 台湾海峡を航行へ

中国は4日に開始した大規模演習を7日に終える計画だったが、台湾方面を担当する東部戦区は8日も演習を継続し、台湾に揺さぶりをかけている。

呉氏は「台湾は絶対に引き下がらない」と述べ、台湾の民主主義と自由を守ると強調した。「中国の標的はいまは台湾だが、その野心は台湾にとどまらない」とも述べ、国際社会に連携や支持を求めた。

呉氏はさらに「中国はペロシ氏の訪台を軍事演習の口実にしている」と非難した。中国がドローン(無人機)やサイバー攻撃、偽情報の流布で台湾への圧力を強めているとも指摘。「すべてをこの短期間に準備することはできなかったはずだ」として、中国が演習などの準備をペロシ氏の訪台前から進めていたとの見方を示した。』