スリランカ前大統領、タイに入国へ 経済危機で退陣

スリランカ前大統領、タイに入国へ 経済危機で退陣
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM10CNU0Q2A810C2000000/

『【ニューデリー=花田亮輔】スリランカのラジャパクサ前大統領が、タイに入国する見通しであることがわかった。タイ外務省が10日、明らかにした。ラジャパクサ氏は経済危機に伴う抗議活動の激化により7月にスリランカを出国し、シンガポールに入っていた。

タイ外務省は声明で「スリランカ政府から、前大統領の入国について要請を受けた」と説明した。亡命要請ではなく、ビザなしで90日間の滞在が可能だという。ラジャパクサ氏が11日にシンガポールを出国する予定だと、ロイター通信は報じている。

スリランカでは生活必需品の不足や高騰といった経済危機により、一族で政権の要職を占めてきたラジャパクサ氏らへの不満が高まった。7月には政権退陣を求める多数のデモ隊が、大統領公邸などを一時占拠する事態に発展した。

ラジャパクサ氏はモルディブ経由で同月14日にシンガポールに入り、大統領を辞任した。首相などを務めてきたウィクラマシンハ氏が、同月下旬に大統領に就任している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM10CNU0Q2A810C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』