みんなが知らないフィンランドの歴史

みんなが知らないフィンランドの歴史
https://norr.jp/finnish-history/

『フィンランドと聞くと何を思い浮かべますか?

?「雑貨?」「デザイン?」「サンタクロース?」「教育?」「幸福度?」

様々だと思います。世界的にも何かと取り沙汰されることの多いフィンランドですが、昔からそうだったのでしょうか?

答えは「No」です。フィンランドは非常に屈辱的な歴史を持っています。今のようなフィンランドになったのは1917年のことです。

「なぜフィンランドではスウェーデン語が公用語になっているの?」
「北欧の中でもフィンランド語だけ全く違うのはなぜ?」
「SISUってよく言われるけど、どうしてこんな気質が育まれたの?」

この記事を最後まで読むとこの問いの答えがわかります。今回は「みんなが知らないフィンランドの歴史」と題して、フィンランドの歴史について見ていきます。先ほどの質問に上手く答えられなかった方向けの記事になっています。

もしかすると冒頭でみたようなフィンランドのイメージはかなり新しいものかもしれません。どういう背景で今のようなフィンランドの輪郭が描かれたのか。そんな歴史の流れに沿って考えるきっかけになれば嬉しく思います。

それでは一緒にフィンランドの歴史を遡ってみましょう。

フィンランドの歴史は大きく4分割されることが多いです。古い順から、「古代?中世のフィンランド」「スウェーデン時代」「ロシア時代」「独立後の歩み」です。その中心とも言えるのが、スウェーデンとロシアの統治下に置かれていた8世紀に渡る期間です。1917年に独立を達成できるまでにどんな歴史を歩んできたのかをみていきます。

古代?中世のフィンランド

12世紀以前のフィンランドの歴史のほとんどが民話によって伝えられてきました。フィンランド最初の定住者が確認できるのは紀元前9000年ほども前のことです。これを裏付けるのが鹿の角の彫刻で、これにより人の存在があったとされています。

彼らはフィンランド南西部に住み、ヘラジカ(ムース)などの狩猟やバルト海沖での漁業を生業として生活していました。当時は今のように温暖な気候ではなく、ただただ極寒な地域でした。6000年前になると、サーミ人がフィンランド東部へやってきます。

ヘラジカイメージ図

フィン人の起源については諸説あります。中でも定説になりつつあるのが、南西部への入植者は西側ヨーロッパからで、東部についてはロシアからの遊牧民。この遊牧民らはウラル山脈(現ロシア西部)を流れるヴォルガ川流域から来た人たちで、これが分化してフィン人、エストニア人、カレリア人になったと言われています。このウラル地方からの入植者が、フィンランド語がウラル語族に属している理由になります。他の北欧言語(スウェーデン語など)はインド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属するので、そもそもの言語の大きな枠組みから違うと言うことですね。

※拡大してご覧ください
c?北欧情報メディアNorr

中世までで大きな動きが出たのは、8世紀。北の海賊「ヴァイキング時代(Viking)」です。ノルウェーやデンマークのヴァイキングはイギリスやフランス、イタリアなどの西欧・南欧へ侵略を進めたのですが、スウェーデンはフィンランドへ進出しました。オーランド(Aland)を通って、フィンランド、ロシアへと進んでいきました。結果、ノヴゴロドを統治し、862年にキエフに辿り着きました。

ヴァイキングの進路概略図
c?北欧情報メディアNorr

中世以前のフィンランドの歴史は、特筆すべきことは少ないように思えます。地理的にヨーロッパとロシアの狭間にいると言うことで、両者からの影響を強く受けましました。そして、この影響は今も強く受けています。

次に、「スウェーデン時代」についてみていきましょう。』

『スウェーデン時代(1249?1809年)

11?12世紀にかけてフィンランドの周辺国では覇権争いが激化しました。以下、バルト海周辺の勢力です。

 スウェーデン:強固な君主制。中堅国として勢力伸ばす
デンマーク:1219年に現エストニアの首都*タリンを建設
ノヴゴロド:現ロシアの起源とされ、強大な軍事拠点
ドイツ騎士団:バルト海にて勢力拡大図る。デンマークと抗争

*「デンマークの城」を意味します。

こうした勢力が周辺にありましたが、フィンランドはどこにも与することがありませんでした。一方で、それぞれから影響を受けることが多かったようです。これによって当時のフィンランドは、スオミ(Suomi:現在のフィンランドに該当)、ハメーンリンナ(南部)、カレリア(東部)に分かれていました。

12世紀半ば、当時のスウェーデン国王エリック(Erik)はヘンリー司教(Henry)の帯同によって、フィンランドに十字軍を送ります。これがスウェーデン統治の最初のきっかけと言えます。そして、フィンランドに初めて建てられた大聖堂がトゥルク(Turku)大聖堂です。1229年のことです。ちなみに、トゥルクという名前はフィンランドでの呼び方で、スウェーデン語ではオーボ(Abo)と呼ばれます。

この当時のフィンランドの周辺には、まず東部にキエフ公国(現ウクライナ)、ノブゴロド国、そしてその背後にビザンツ帝国(現トルコ)がありました。そして南西部ではトゥルクを中心にスウェーデンの影響がじわじわと入ってきます。トゥルクは宗教の中心地であると同時に、政治的権力の中心でもありました。

12世紀ごろのフィンランド近隣の勢力図
c?北欧情報メディアNorr

こうして1249年からフィンランドはスウェーデンによる統治が始まりました。スウェーデンからフィンランドへの入植を奨励するために、スウェーデン人への優遇政策が取られます。例えば、納税の免除など。こうして瞬く間にスウェーデン人がフィンランドに入り込み、かつフィンランドの社会階級のトップにスウェーデン貴族が組み込まれます。言語政策も行われ、スウェーデン語の影響力が増しました。特に、フィンランド南西部とフィンランド湾岸部に住む人が多く、これが今も少数ながら(人口比5%程度)スウェーデン語話者がいる理由です。

13世紀にはスウェーデンとノヴゴロド国で抗争が始まります。土地の奪い合いが主な原因で100年ほど続きました。結果として、北部から西部にかけての国境線が確定し、これは今のサンクトペテルブルクからオウル(フィンランド中部:ボスニア湾)までです。これを受けてより一層スウェーデンの影響が増しましたが、フィンランド人との間には平和的な関係が続きました。

17世紀になると、スウェーデン王国の全盛期を迎えます。トゥルクは公国としてさらに繁栄を遂げます。ロシアからの侵略に備えてトゥルク城を中心として都市開発が進みました。1640年にはトゥルク・アカデミー大学(フィンランド最古の大学)も建てられました。
こうしたスウェーデンの黄金時代はそう長く続くことはなく、終わりの時間が刻一刻と近づいてきます。スウェーデン統治に陰りが見えた大きなきっかけは「北方大戦争」です。ロシアに敗北したスウェーデンはフィンランド割譲こそ免れましたが、賠償金を負い、後退の一途を辿ることになります(ニスタット条約)。

19世紀になるとヨーロッパの情勢に変化が起きます。「ナポレオン戦争」です。これにて大敗を喫したスウェーデンは、バルト海での覇権を失うことになります。ナポレオン戦争の講和条約としてロシアとフランス間で結ばれたティルジット条約で、ロシアはバルト海で自由に勢力拡大することを許されました。そして、1808年にロシアがフィンランドを攻めます。これが決定打となって、スウェーデンは1809年にフィンランドをロシアに割譲することになりました。

7世紀ほどに渡って保たれたスウェーデンによる統治はこうして幕を閉じました。

そして、次は「ロシア時代」がやってきます。

コラム?世界遺産スオメンリンナの要塞?
ヘルシンキから程近いスオメンリンナ島。今やフィンランド観光で欠かせない名所になっていますが、もともとは18世紀半ばにロシアの侵入に対する防衛の目的でスウェーデンが建設した要塞です。建設当時はスヴェアボリ(Sveaborg)と命名されましたが、フィンランド領となった1918年にスオメンリンナ(Suomenlinna)と改名されました。現在は、世界中から多くの人を惹きつけるフィンランド屈指の観光地であると同時に、800人の居住地でもあります。1991年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。』

『ロシア時代(1809?1917年)

1809年よりフィンランドを支配下に置いたロシア帝国。スウェーデンはフィンランド統治期間、スウェーデン語政策などを推し進めましたが、ロシアはどうだったのでしょうか?当時のツァーリ(皇帝の意味)であったアレクサンドル1世はフィンランドと温厚な関係を築こうとしました。あくまでもフィンランドを、スウェーデンとロシアの間の緩衝国として機能させるためにあまり刺激しないようにしていたのかもしれません。

スウェーデン統治下に形作られたスウェーデン由来の法制は依然として継続することを認め、ルター派教会(ロシア帝国はロシア正教会)へも手を付けませんでした。フィンランド議会も召集して、基本的な政治的権力を上院議員に委ねました。重大な問題のみアレクサンドル1世の承認を必要とした、といった程度だったようです。

ここからアレクサンドル1世がフィンランドの自治を促し、国として発展する後押しをしていたことがわかりますね。他にも、全国民への基礎教育の無償提供や、高等教育機関としての大学の設置、フィンランド独自の切手の承諾、独自通貨マルッカ(現在フィンランドはユーロを採用)の流通、フィンランド語の地位向上などがあります。更には、1812年には首都をトゥルクからヘルシンキへ遷都しました。

独立目前の話にはなりますが、1906年には一院制の議会(Eduskunta)が創設されました。同時に、同年に男女平等の参政権が付与されました。これはニュージーランド、オーストラリアに次いで世界で3番目であり、ヨーロッパにおいては初めて女性参政権が認められました。翌年1907年の選挙では、19名の女性議員が誕生しました。

ナショナリズムの高揚と独立への兆し

ロシア帝国の統治下であれ、ロシアは比較的寛容な態度を示しました。これがフィンランド人にどのような変化を与えたのでしょうか?

先に見たように、独自言語、独自通貨、独自切手などのフィンランド独自の政策が次々に認められました。首都もスウェーデンから遠ざかり、学術機関も持つようになる。フィンランド軍隊も編成されました。ここで、フィンランド人としての意識が芽生えます。独立への機運が芽生えた瞬間でした。

最初に声をあげたものの1つに、Adolf Ivar Arwardissonという人がいます。彼はこう言いました。
“Swedes we are not, Russians we will not be, so let us be Finns.”
Adolf Ivar Arwardisson

すなわち、「我々はスウェーデン人ではない、ロシア人になるつもりもない、そうだ、フィンランド人になろう」です。これを聞いたフィンランド人は自我の意識が生まれたのです。

そして、同時期にElias Lonnrot(エリアス・リョンロート)が出版したのがかの有名な『Kalevala(カレワラ)』です。カレワラは伝承に基づくフィンランドの民族叙事詩であり、これによってフィンランドの歴史や文化が書き起こされました。これを読んだフィンランド人、特に知識人らはフィンランド人としてのナショナリズムが高揚しました。

こうした流れを見てみると、フィンランドはロシア帝国下にありながらも社会的に発展を遂げているという見方ができると思います。しかしながら、ロシアからの圧政がなかったわけではなく、「ロシア化政策」と呼ばれるものがありました。当時のツァーリであったニコライ2世が推し進めました。

当時すでにフィンランド人としての民族意識が高まっていたフィンランド人はこれに反発します。知識人らがフィンランド人としての自我を覚醒させる作品を生み出しました。まずは、シベリウスによって作曲された『Finlandia(フィンランディア)』です。祖国フィンランドについて歌った曲です。アレクシ・ガッレン=カッレラ(Akseli Gallen-Kallela)という画家はフィンランドの風景画を描きました。これは先ほどのカレワラに出てくる情景を描いたものと言われています。こうした知識人らの芸術運動が民衆の自我を目覚めさ、一気に独立の機運が高まります。

1917年についにその時が来ました。「ロシア革命」です。このロシア革命は日本史においても重要な出来事ですが、ロシア革命と一口に言っても「第一次」と「第二次」に分けられます。1904年に勃発した日露戦争最中で起きたのは「第一次ロシア革命」であり、フィンランドの独立に関わるのは1917年に始まった「第二次ロシア革命」です。2月革命とも呼ばれます。

ロシア国内が混乱のなか立ち上がったフィンランドは、同年12月6日に独立宣言をしました。長きに渡ってスウェーデン、ロシアの統治下にあったフィンランドがようやく独立を獲得しました。1ヶ月後の1908年にロシアより独立を承認されました。

独立後の歩み

極寒の冬の中、独立を果たしたフィンランド。新たな門出の矢先、大きな問題が立ちはだかりました。

「共和制か、君主制か」

7世紀に渡って他国の支配下に置かれていたフィンランドは、それから解放されると社会システムのあり方に頭を抱えました。

「The Reds」という左派は労働者階級を多く有しており、ロシア寄りの社会主義思想を持っていました。一方で、「The Whites」は右派政府軍としてドイツに倣った君主制を目指します。ここで大きく対立しました。当時は第一次世界大戦でありましたが、レーニン率いるロシアは「The Reds」へ武器と軍隊を送り、支援しました。そして、左派・右派が激突しました。ロシアは左派を支援し、マンネルヘイム(Mannerheim)率いる右派へはドイツが支援します。108日間に渡って勃発したこの内戦は、結果として政府軍である右派が勝利を収めました。

君主制を目指していた政府軍はこの勝利を機に、ドイツよりフリードリヒ・カールを国王として迎え入れカールレ1世として即位しました。ついに、フィンランド王国(Kingdom of Finland)が誕生したのです。

が、それも束の間、第一次世界大戦でドイツは敗北しました。これにより、カールレ1世はフィンランド国王を退位することになります。こうした経緯で、フィンランドは国王を持たず共和国になったのです。

初代フィンランド大統領にはストールべリ教授(K J Stahlberg)が就任しました。フィンランド憲法の草案に寄与した人です。1919年に作られたフィンランド憲法では、1905年に編成された一院制議会を持つことになりました。また、フィンランド語とスウェーデン語は公用語として認められたのものこの時です。当時フィンランド全体でおよそ11%の国民がスウェーデン語話者であったためです。

こうして社会的基盤を形作ってきたフィンランドは急速に発展を遂げることになります。当時は飲酒に対する規制が強化されていて、1919年に政府によって飲酒が禁止になりました。これは1931年に廃止なりますが、以降国営のアルコール販売企業が作られました。

戦間期、フィンランドはその勤勉さから多くの国に賞賛されました。1920年代終わりになると林業を中心として輸出ブームを迎えました。またその他分野では、スポーツにおいてPaavo Nurmiがオリンピック3大会を通して合計7つの金メダルを獲得し、フィンランドの国民的スターになりました。これが功を奏し、1940年のオリンピックではヘルシンキが開催地となりました(厳密には第二次世界大戦のため1952年に延期)。

第二次世界大戦下のフィンランド

独立してから順調に発展途上であったフィンランド。そんな最中起きた第二次世界大戦。隣国ソ連からの脅威が再び。独ソ不可侵条約によって、ソ連はフィンランドに侵攻する事ができました。そして、ソ連との冬戦争が勃発。マイナス40度の極寒での戦い。両陣営とも数千人規模の兵士が命を落としました。結局フィンランドが和平降伏して、カレリア地方(フィンランド南東部)をソ連へ割譲しました。

そして続く継続戦争。少数の兵力ながら奮闘したフィンランドはカレリア地方の奪還に成功し、更にはかつてソ連へ奪われた土地も取り返しました。しかし、またもソ連に圧倒され、結局和平交渉に持ち込むことになりました。

フィンランドとソ連の実力差は一目瞭然です。200万人のロシア兵に対し、わずか30万人という小規模のフィンランド軍。独立を維持するために多大なる犠牲を生む結果となりました。

コラム?ヘルシンキの維持と意地?
フィンランドで今も語り継がれるという大戦下のエピソードがあります。ヨーロッパ諸国のうち、第二次世界大戦に関与した国で、たった3つの国の首都のみが侵略を逃れたそう。それは、ロンドン、モスクワ、そしてヘルシンキだという。同時に、イギリスとフィンランドのみが1930年以降、対戦中であれ一貫して民主的な政府を維持できたんだとか。フィンランド人としてのナショナリズムと念願の独立を経て、フィンランドはより一層国として結束力が強まり、これがSISUという精神に繋がったのかも。』