wordpress.comでホストされているコンテンツが著作権を侵害していると思われる場合…。(再掲)

wordpress.comでホストされているコンテンツが著作権を侵害していると思われる場合…。(再掲)
https://http476386114.com/2020/12/23/wordpress-com%e3%81%a7%e3%83%9b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%8c%e8%91%97%e4%bd%9c%e6%a8%a9%e3%82%92%e4%be%b5/

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

wordpress.comでホストされているコンテンツが著作権を侵害していると思われる場合は、次の手順に従って侵害通知を送信 http://automattic.com/dmca/

著作権侵害 ? 何をすべきか

ブロガー、作家、詩人、写真家、その他のタイプのコンテンツ制作者は、コンテンツを不法にコピーし、許可なく複製することがあります。当社は知的財産の価値を理解し、犯人がWordPress.comにホストされているサイトである場合、お客様の権利が保護されるように直ちに措置を講じます。ただし、苦情の対象が[.]の場合

DMCA 通知に対する対応

お客様のサイト上の資料に関するデジタルミレニアム著作権法の取り消し通知に沿って、ここに上陸した可能性があります。つまり、DMCAは、著作権者がコンテンツの不正使用を削除することを要求することによって、その権利を行使することを可能にします。これは、あなたのサイトのホストとして、我々は無効にする必要があることを意味します [.]

当社のDMCAプロセス

このプロセスは、著作権者(または代理人として行動する者)が、デジタルミレニアム著作権法(「DMCA」)の削除通知を当社に提出し、コンテンツが許可なくWordPress.comに公開されると主張したときに始まります。フォーム、電子メール、または印刷されたレターを使用して、DMCAの削除通知を送信できます。その後、ここで何が起こるかです:私たちは[.]]

著作権と DMCA

オリジナル素材(テキスト、画像、歌など)の作成者は、その素材に対する著作権を有します。これは、その材料を使用できるユーザーと、その使用が承認された場所と時期を決定する権利です。デジタルミレニアム著作権法(略してDMCA)は、著作権者が削除することを可能にする米国連邦法です[.]

著作権と公正な使用

WordPress.comはファイル共有プラットフォームではなく出版なので、著作権で保護された資料は、解説、ジャーナリズム、または資料を独自のオリジナルなものに変換する際によく使用されます。したがって、DMCA通知を提出する前に、材料の使用方法が公正な使用に該当する場合に考慮することが重要です。セクション 512(f) [.]

コンテンツの盗難防止

このサポート ドキュメントで説明されている、許可されていない方法でマテリアルが使用されないようにするために、いくつかの手順を実行できます。

サイトの報告

ユーザーガイドラインまたは利用規約に違反するサイトが見つかると、その情報をお知らせください。私たちは常にこれらのレポートに応答する必要はありませんが、一つ一つは(実際の人間によって)読まれ、報告されたサイトはそれに応じて見直されることを理解してください。さらに重要なことは、その[.]に注意してください

商標権侵害

あなたの商標を侵害していると思われるWordPress.comにAutomatticが主催するウェブサイトを見つけましたか?報告する前に、これらの3つの質問を自問してください:ウェブサイトはあなたの製品やサービスを見直したり批判するためにあなたの商標を使用していますか?もしそうなら、これは商標権侵害ではありません。私たちは速やかにあなたの苦情を拒否しますので、, [.]

法的ガイドライン

WordPress.comユーザーの個人情報を要求する 当社のユーザーは、安全を保つために当社に信頼を置き、場合によっては匿名で保護します。私たちは、その信頼を守り、ユーザーの個人情報を保護することは、私たちが行うことに不可欠であると考えています。Automatticは、政府機関、法執行機関からWordPress.comユーザー、サイト、アカウントに関する情報の要求を受け取ります。

リブログ

閲覧者から直接投稿をリブログすることができます WordPress.com。リブログの仕組み 投稿がリブログを行うとどうなりますか?リブログの詳細については、リブログの仕組みに関するよく寄せられる質問は、他の人が公開した投稿を簡単に共有する方法です[.]

サポート ? WordPress.com ホーム
目次
リブログのしくみ
投稿がリブログされるとどうなりますか?
リブログの詳細
よく寄せられる質問 』

※ ということで、正確には、著作権を侵害されたと考える者(または、その代理人)が、「侵害通知」を「送信」したんで、対応・処理する「仕組み(機構?)」である「Automattic」というところから、警告メールが送られる…、ということのようだ…。

※ また、あまりに酷い場合には、WordPress.com側に、サイトを「無効」にする権限がある…、とも言っている…。

※ 気をつけんとな…。

※ ただ、若干の言い訳を語っておけば、「侵害」と「宣伝・広報」は、表裏の関係にあると思っている…。

※ 「拡散」とは、許可なく行う場合、法的には、明確に「著作権の侵害」行為だろう…。

※ しかし、ネット上であまた行われている「拡散」行為が、一々許可を得た上でのものなわけがない…。

※ 「拡散希望!」などという文言を付す場合、それは「著作権侵害行為」の、「教唆」「従犯」に該当するのか?

※ そういうことで、今日も今日とて、そういう「危ない橋」を渡り続けるわけだ…。