ペロシ米下院議長の声明要旨 台湾を訪問

ペロシ米下院議長の声明要旨 台湾を訪問
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB030X10T00C22A8000000/

『台湾を訪問したペロシ米下院議長が2日に発表した声明の要旨は次の通り。

訪台は台湾の民主主義を支援する米国の揺るぎない関与を示すものだ。

我々の訪問はシンガポール、マレーシア、韓国、日本を含むインド太平洋地域への幅広い訪問の一環であり、相互の安全保障、経済連携、民主的統治に焦点が当てられた。 台湾の指導者との協議では米国による支持を再確認し、自由で開かれたインド太平洋地域の推進を含む共通の利益を促進することに重点を置く。

世界が独裁か民主主義かの選択に直面するなか、米国が台湾の人々との連帯を示すことはかつてなく重要だ。我々の訪台は長年にわたる米国の台湾政策に反するものではない。米国は一方的な現状変更の試みに反対し続ける。

【関連記事】

・ペロシ米下院議長、台湾を訪問 蔡英文総統と会談へ
・ペロシ米下院議長「中国の脅し座視できず」 米紙に寄稿
・ペロシ氏訪台、30万人がフライトレーダーで航空機追跡

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB030X10T00C22A8000000&n_cid=DSPRM1AR08 』