韓国GDP、4~6月0.7%増 輸出低迷で先行き減速も

韓国GDP、4~6月0.7%増 輸出低迷で先行き減速も
民間消費は好調、半導体市況悪化が足かせに
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM25BOE0V20C22A7000000/

『【ソウル=細川幸太郎】韓国銀行(中央銀行)が26日発表した2022年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価の影響を除いた実質ベースで前期比0.7%増え、8四半期連続のプラスとなった。衣類や旅行など民間消費が伸びてGDPを押し上げた。ただ、中国向け輸出低迷や半導体市況の変調によって先行きは減速懸念が高まっている。

民間消費は3.0%増と成長をけん引した。新型コロナウイルスの行動制限緩和を背景に宿泊や文化活動といったレジャー消費が好調で、衣類や靴などファッション販売も伸びた。足元では韓国でも新型コロナウイルスの感染者が増加傾向で、韓国銀行は「感染再拡大によって消費者心理の萎縮が見られ、下半期のリスク要因となる」とした。

韓国経済の屋台骨である輸出は3.1%減と振るわなかった。中国の都市封鎖(ロックダウン)を背景に中国企業の生産活動が低下したことが化学製品や鉄鋼製品の輸出減につながり、20年4~6月期以来のマイナス幅となった。パソコンやスマートフォンの販売不振で、輸出金額の2割を占める半導体の市況にも陰りが見え始めている。

半導体市況の変調は設備投資にも波及し、4~6月期は前期比1.0%減った。設備投資の減少は4四半期連続。SKハイニックスが4500億円をかける新工場の建設計画を延期し、サムスン電子が投資金額を抑制するなど投資低迷は長期化する可能性がある。

建設投資は、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権によるマンション供給拡大政策を背景に建設案件が活発で0.6%増だった。

韓国銀行は2月時点で3.0%としていた22年の成長率見通しを、5月に2.7%へと下方修正した経緯がある。延世大学の成太胤(ソン・テユン)教授は「輸出の改善は見られず、継続的な利上げで消費はさらに減速する。4~6月期の成長率を下半期も維持するのは難しい」と分析。さらなる下方修正は避けられないとの見方が強まっている。』