露軍の砲兵の元気がなくなってきた…。

露軍の砲兵の元気がなくなってきた…。
https://st2019.site/?p=20018

『※露軍の砲兵の元気がなくなってきたのは、砲身命数ではないかという意見がSNSに複数出るようになった。1日6万発も発射すればそうなるだろう。

腔発事故(※ 腔発(こうはつ)とは、砲弾(榴弾もしくは榴散弾)が砲身内で爆発する事故のことである。)はエロージョンと無関係ではない。そこに至る前に、射表が狂ってしまう。

いくら精密に修正しようとしても、弾着がまとまらなくなる。さらには飛距離もどんどん縮んでしまう。

交換用砲身の製造のためには、本国工場で工作機械を動かす必要がある。その工作機械のコンディションが、いまや、怪しい。』