米下院議長訪台案、政府に慎重論 訪問阻止へ中国強硬

米下院議長訪台案、政府に慎重論 訪問阻止へ中国強硬
計画中止なら中国増長の懸念
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN25CQX0V20C22A7000000/

『【ワシントン=坂口幸裕】ペロシ米下院議長が8月に計画する台湾訪問をめぐり、米政府内で慎重論が出ている。中国は実行に移せば「強力な措置」をとると警告し、米軍は台湾海峡の軍事緊張を高めかねないと懸念する。脅しに屈して中止すれば中国の増長につながるおそれもあり、バイデン政権はジレンマに陥っている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)がペロシ氏の訪台計画を報じたのは18日。即座に反応した中国外務省の趙立堅副報道局長は19日の記者会見で訪台すれば「中国は必ず強力な措置をとり、国家主権や領土の一体性を守る」と明言し、中止を迫った。

FTによると、中国は米国に対し水面下でこれまでより強い態度で反対の意向を伝達してきた。複数の関係者の話として「軍事的対応の可能性を示唆するなど踏み込んだものだった」とも伝えた。中国軍がペロシ氏の台湾上陸を阻止するために妨害行動をとる可能性があるという。

バイデン米大統領は20日、記者団にペロシ氏の訪台について「米軍はいい考えだと思っていない」と表明した。公の場で計画を認めたことで政権内の足並みの乱れが露呈し、予想された中国の激しい反発を招いた面がある。

ペロシ氏は21日の記者会見で、自身の訪台について警備上の問題を理由にコメントを避けつつ「台湾への支持を示すのが重要だ」と明言した。「バイデン氏は我々が搭乗する飛行機が中国に撃墜されるのをおそれたのだろう」と話した。

現職の米下院議長の訪台が実現すれば1997年以来だ。米国では副大統領に次ぐ大統領継承順位2位の要職で、バイデン政権として台湾への強い支持が明確になる。

中国では秋に共産党幹部の人事を決める5年に1度の共産党大会を控え、習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)は党大会での3期目の政権発足に向けて体制固めを進める。8月から長老らの意見を聞く「北戴河会議」が始まる見通しで、党の重要人事の調整が山場を迎える。

米政府内の慎重論は、こうした中国の政治日程とペロシ氏の台湾訪問の時期が重なれば、習指導部が強硬姿勢に出ざるを得ないと懸念しているためとみられる。

AP通信によると、インドネシアを訪れている米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は24日「中国軍は過去5年間で著しく攻撃的で危険になった」と述べた。中国は軍用機による台湾の防空識別圏(ADIZ)への侵入を執拗に繰り返しており、示威行動が増幅しかねない。

米中は月内に首脳協議を実施する予定だ。首脳に先立つ閣僚などの高官協議でも両国の対立が偶発的な衝突に発展しないよう対話を維持すべきだとの認識で一致した。米側は中国製品への制裁関税の一部引き下げ案を検討。いまは国内の安定を最重視する習指導部にとっても、緊張緩和を探っている矢先にペロシ氏の訪台案が浮上した。

仮に中国の反対で訪台計画が中止になれば野党などから「弱腰」などの批判が出るのは必至だ。

共和党のギングリッジ元下院議長はツイッターで「中国共産党の脅しで米国の下院議長さえ守れなければ、中国はどうして米国が台湾を守ると信じるのか」と指摘した。対応を誤れば、中国が台湾で強硬な態度を強めると警鐘を鳴らした。

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

青山瑠妙のアバター
青山瑠妙
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

月内の米中首脳協議、8月の「北戴河会議」。このタイミングでのペロシ米下院議長の訪台発表はさまざまな意味で、議論を巻き起こしている。なによりも、ゼロコロナで経済が著しく減速し、3期目の政権発足に向けて体制固めを進めている中国では、政治・政策の流動性が高い。ペロシの訪台が実現してもしなくても、どのような決断を取ったとしても、バイデン政権にとって大きな政治リスクを伴う問題だ。
2022年7月26日 8:05

前嶋和弘のアバター
前嶋和弘
上智大学総合グローバル学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

1997年3月のギングリッチ下院議長の訪台は中国訪問とセットで「もし中国が武力行使をしたらアメリカは台湾を守る」と中国側に明言しました、ギングリッチ訪台に対する慎重論は大きくなかったです。あれから25年。ペロシ訪台に慎重論が出るのは、目覚ましい軍事力増強と経済成長で中国の立ち位置も大きく変わったため。一方で中国の人権状況などはさらに悪化。アメリカ側に毅然とした態度が求められます。
2022年7月26日 7:34 (2022年7月26日 7:35更新)

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

やっかいな問題を米国は抱えることになった。「一つの中国」を掲げる習近平国家主席(共産党総書記)は、共産党大会という権威付けの重要イベント前にペロシ訪台が実現すると、メンツに傷が付く。かといって、武力で止めにいくわけにもいかないだろう。バイデン政権としても、同じ民主党の下院トップの動きを放置するわけにはいかない。記事にある通り、下院議長は副大統領に次ぐ大統領継承順位の要職である。この件が表沙汰になっていなければ、訪台の時期を共産党大会の終了後に後ずれさせるという妥協策がとられた可能性が高い。だが、この件が明るみに出た中で米国が譲れば、対中姿勢が弱いという批判を浴び、中間選挙に向けて悪材料になる。
2022年7月26日 7:33

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

まさに進退両難な状況になっている。もともと4月に台湾訪問の予定だったが、新型コロナウィルスに感染したため、訪問できなかった。本人は台湾訪問したいだろうが、行かなかった場合、米国内で弱腰外交と批判される。決行した場合、中国との関係がさらに悪化する。純粋、外交の駆け引きからして、バイデン大統領という人は実に下手。ロシアがウクライナに侵攻する前に、バイデン大統領は軍事介入しないと明言してしまった。今回は、議長の言動について大統領として黙ってればよかったのに。これでは、中間選挙は悲惨な結果になるに違いない
2022年7月26日 8:19 』