ロシア、オデッサ港攻撃認める「軍事インフラを破壊」

ロシア、オデッサ港攻撃認める「軍事インフラを破壊」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR243PM0U2A720C2000000/

『【イスタンブール=木寺もも子】ロシア外務省のザハロワ報道官は24日、ロシア軍が23日にウクライナ南部のオデッサ港を攻撃したことを認めた。高精度のミサイルで軍事インフラを破壊したとしている。穀物輸出に関連する施設ではなく、輸出再開の合意違反にはあたらないと主張するつもりだとみられる。

ザハロワ氏はSNS(交流サイト)に投稿し、ウクライナのゼレンスキー大統領が攻撃を合意違反だと非難したのに反論した。タス通信によると、ロシア国防省も24日、オデッサ港への攻撃で、ウクライナの軍艦と米国から提供された対艦ミサイル「ハープーン」の倉庫を破壊したと明らかにした。

【関連記事】

・ロシアが港を攻撃、穀物輸出再開に黄信号 準備は継続へ
・米国務長官、オデッサ港攻撃のロシアを「強く非難」
・ウクライナ侵攻5カ月、膨らむ武器供与 支援疲れも

ウクライナ側の主張によると、ロシア軍のミサイル攻撃では荷さばきに必要な施設などが破壊された。22日にロシア、ウクライナがそれぞれ国連、トルコと結んだ合意ではウクライナ産穀物の輸出を再開するため、「関連する全ての商船や民間船、港湾施設を攻撃しない」としていた。

トルコのアカル国防相は23日、ロシアから「オデッサ港への攻撃には一切関与していない」という趣旨の説明を受けたと明らかにしていた。事実ならロシアの説明には矛盾がある。

ウクライナは穀物輸出の再開に向けた準備を続けるとしているが、貨物船が航行する「回廊」の安全性に不安が生じ、本格的な輸出再開には速くも暗雲が垂れこめる。国連、米国などは相次いでロシアを非難した。

一方、24日にロシア、ウクライナ産穀物の輸入国であるエジプトを訪れたロシアのラブロフ外相は「ロシアの穀物輸出業者が(輸出の)約束を全て果たすことを再確認した」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGR243PM0U2A720C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』