[FT]世界各地を襲う熱波、ジェット気流の蛇行が一因

[FT]世界各地を襲う熱波、ジェット気流の蛇行が一因
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB220PN0S2A720C2000000/

『7月に入って猛烈な熱波が欧米や中国を襲い、火災を起こし物流の混乱を招いている。その熱波には共通項が1つある。「ウエーブナンバー5」と呼ばれるジェット気流(偏西風)の特殊な形状である。

19日、酷暑のローマで涼を求める人々=ロイター

中緯度地域では、ジェット気流という風速の大きい気流が天候を左右している。ジェット気流の変化が熱波の頻発と(同じ場所での)停滞をもたらしているのかどうか、科学者は解明を急いでいる。

「ジェット気流は天候を決める主要因になっている」と言うのは、英レディング大学で大気科学を専門とするポール・ウィリアムズ教授だ。「ジェット気流はコンベヤーベルトのようなもので、次々と嵐をもたらしている」

ジェット気流が大きく蛇行してU字型の流れになれば、熱波をもたらすこともある。この現象はギリシャ文字のオメガ(ω)に似ていることから「オメガブロック」と呼ばれている。

現在では世界で5つの大きなオメガブロックが生じ、世界各地で熱波が同時発生している。このいわゆるウエーブナンバー5現象は数週間続くこともあり、熱波に見舞われた地域では長期間にわたって高温が持続する。

中国では9億人以上が熱波を経験し、7月に入って70を超える測候所で観測史上最高気温を更新した。米国では、テキサス州とオクラホマ州で日中の最高気温を更新し、20州以上が高温警報や高温注意報を発令している。

世界5カ所での熱波の同時発生 出所:Met Office/FT

英国も今週、史上最高の40.3度を記録した。フランスやスペインでは異常な高気温が数週間続き各地で過去最高を記録、山火事も発生している。

英気象庁の首席科学者ステファン・ベルチャー氏は「大気ではよくみられるのだが、すべてがつながっている。1つの地域で発生した極端な事象は、別の場所で生じた極端な事象と関連づけられる」と言う。「気象庁では、このウエーブナンバー5現象がどのくらい続くのか予報士が細心の注意を払って観測している」

ベルチャー氏は欧州に襲来している熱波の発生要因は3つあるという。ジェット気流のウエーブナンバー5現象、世界的な平均気温の上昇、そして土壌の乾燥だ。特に地中海周辺諸国では高気温が長引いたことで、土壌がカラカラに乾いている。

オランダ・アムステルダム自由大学の気象学者ディム・クモウ氏は、夏のジェット気流の流れにはウエーブナンバー5とウエーブナンバー7という2つの重要なパターンがあり、発生すれば1カ所に長期間停滞しがちだと指摘する。「そうした気流の流れが停滞し持続すれば、熱波が同時に複数箇所で発生することが多い」

ジェット気流が地球温暖化によって具体的にどう変わっているのか、それは将来の気候パターンにどう影響するのかという疑問に答えを出そうとする研究が広がっている。世界の平均気温は産業革命以前に比べて、人間活動の影響ですでに約1.1度上昇している。

北大西洋上空のジェット気流 出所: Noaa/NWS/ Met Office/ESA/FT

ジェット気流そのものは長い間に動きを変え、夏には動きが鈍化するようだ。そのためにオメガブロック現象が発生しやすくなっている可能性がある。

米ウッドウェル気候研究センターの大気科学者ジェニファー・フランシス氏は、北極圏の急激な温暖化がジェット気流の鈍化の原因ではないかと分析する。

フランシス氏は「夏は全般的に風が減る」と言う。「そもそもジェット気流が発生するというのは、北に冷気があり、南に暖気があるために気温差が生じて(ジェット気流の発生条件となる)」

北極圏は他の地域より格段に速く温暖化が進んでいるため、そうした気団間の温度差が今は小さくなっている。

ジェット気流の動きにはまだ解明されていない部分もある。「ジェット気流」の著書があるオックスフォード大学の大気物理学者ティム・ウーリングス教授は、「大西洋上空では、夏にジェット気流が南下してきたが、気候変動の影響で北上すると予測されていた」と説明する。

英国に高温をもたらした要因 出所: Met Office/BBC Weather/ Netweather/FT

英国は最近、熱波に見舞われたが、それは他の欧州各国が経験したことを「ほんの少し味見したにすぎない」と同氏は言う。「本当の酷暑を経験しているのはスペインやフランスだ」

英国では18日から19日の2日間にわたって異常な高気温が続き、その後やや落ち着いたが、スペインとフランスでは高温が数週間続いている。

気候モデルでは、世界の平均気温が上昇するのに伴い熱波の温度はが年々高くなると予測されている。しかし、地球温暖化がジェット気流の流れにどのような影響を与えているかを研究者が正確に突き止めるには何年もかかりそうだ。

ウィリアムズ氏は「きわめて長期にわたる観測記録が必要だ。何らかの変化を確実に検知するまでには数十年分、あるいは数世紀分の記録すら必要になるかもしれない」と話す。

By Leslie Hook

(2022年7月21日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2022. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

【関連記事】

・[FT]ガス不足と熱波の欧州 冬のエネルギー逼迫が深刻に
・バイデン氏、災害対策で3200億円 熱波や干ばつに備え
・米でも熱波、1億人影響 各地で最高気温更新も
・GoogleやOracle、英クラウドに障害 熱波が落とし穴に
・英観測史上最高40.2度 世界襲う熱波、山火事や洪水被害
・欧州熱波、山火事や死者も 英で史上最高40度の予測
・世界各地、猛暑で電力逼迫 節電要請・原発出力低下も
・欧米で山火事相次ぐ、記録的熱波に警戒 大気の質悪化も
・[FT]イタリア北部で70年ぶり干ばつ 農業生産に大打撃
・イタリアの氷河崩壊、死者9人に 熱波が原因か
・短い梅雨「極端気象」リスク 豪雨や熱波、温暖化一因か
・[FT]熱波があおる貧困・紛争 被災者の入国阻む豊かな国
・温暖化で睡眠時間が減少 世界規模の調査ではっきり 』