バイデン大統領がコロナ陽性 軽症、隔離で執務

バイデン大統領がコロナ陽性 軽症、隔離で執務
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN21DLZ0R20C22A7000000/

『【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは21日の声明で、バイデン大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。症状について「とても軽度」と指摘し、重症化を防ぐ飲み薬の服用を始めた。当面は隔離しながら執務を続ける。

ホワイトハウスによると、バイデン氏は21日午前の検査で陽性になった。19日の検査では陰性だった。米ファイザーの飲み薬「パクスロビド」を使っている。バイデン氏は2回の追加接種(ブースター接種)を含めて新型コロナのワクチンを接種済みだ。

ホワイトハウスのアシシュ・ジャー新型コロナ対策調整官は21日の記者会見で、バイデン氏は鼻水やからせきの症状があると明らかにした。20日夜には倦怠(けんたい)感があり、よく眠れなかったという。バイデン氏は20日、東部マサチューセッツ州で遊説していた。

79歳のバイデン氏は米国の大統領として史上最高齢だ。ジャー氏はバイデン氏が高齢であることを問われて「ワクチンから得る免疫力や治療を踏まえると深刻な病気のリスクは著しく下がる」と説いたが、健康を不安視する声が高まる可能性がある。

バイデン氏はツイッターに20秒ほどの動画を投稿し「問い合わせや心配をしてくれて本当にありがとう」と強調。「体調は良くて多くの仕事を終わらせた。執務を続けていく」と言及した。「大丈夫だろう」とも話した。

バイデン氏は21日午前、ホワイトハウスのスタッフと電話でやりとりした。内部の会議には電話とオンライン形式で参加する予定だという。検査で陰性になれば、対面での執務を再開する計画だ。

米国のトランプ前大統領は2020年10月に新型コロナに感染し、首都ワシントン郊外の米軍医療施設に入院した。
クリックするとビジュアルデータへ
新型コロナウイルス感染 世界マップ
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

渡部恒雄のアバター
渡部恒雄
笹川平和財団 上席研究員
コメントメニュー

別の視点

バイデン大統領は、2020年の大統領選挙中には、マスクをして、公の露出も控えてコロナ感染を避けるような態度から、その高齢のリスクをライバル陣営から喧伝されてきました。2024年の大統領選挙を控える政治家という側面もあるバイデン大統領が、今回、コロナ感染を公表しましたが、あまり政治的な反響は大きくないような気がします。アメリカ社会はコロナ感染はそれほど深刻なものではない、という「ウィズコロナ」で動いておりますので、日本人が考えるほど、深刻に受け止められていないと思います。「ウィズコロナ」に踏み切れない日本の感覚で、アメリカの政治を判断すべきではないと思います。
2022年7月22日 9:22 』