ベラルーシは、鉄道によって露軍の兵站を分担していた

ベラルーシは、鉄道によって露軍の兵站を分担していた
https://st2019.site/?p=19994

『Defense Express の2022-7-19記事「Belarus Provided russia with Locomotives to Transport Shells to Siege Chernihiv」。

    ウクライナ軍は同国領内で3両の鉄道機関車を押収。そのうち2両はベラルーシの「2TE10」型ディーゼル機関車で、満載貨車×54両を引っ張る力がある。もう1両は「ChME53」型ディーゼルで、こちらは15両の貨車を牽引できる。

 鉄道貨車1両には、砲弾を16トン、積み込むことができる。つまりこの機関車3両が動かす貨物列車で、5万発の152ミリ砲弾をロシア軍占領地まで配達できるのだ。ベラルーシは、鉄道によって露軍の兵站を分担していたのである。

 ちなみに2月23日にウクライナ軍のTB2は、チェルニーフに向かっていた長大な燃料タンク列車を爆撃し炎上させるという大手柄を立てている。』