ロシアの列車はリトアニアを通ってカリニングラードまで荷物を届けるしかない。

ロシアの列車はリトアニアを通ってカリニングラードまで荷物を届けるしかない。
https://st2019.site/?p=19983

『2022-7-18記事「Russian-gauge railway track allows Kaliningrad transit via Lithuania, but dismantling not considered」。

    カリニングラードとはポーランドも国境を接しているが、ロシアとポーランドで鉄道軌条の幅が違うので、ロシアの列車はリトアニアを通ってカリニングラードまで荷物を届けるしかない。

 リトアニアにも少数の1435ミリ幅線路はあるのだが、多くはソ連と同じ1520ミリ幅。この軌条ゲージはロシア以外ではもうベラルーシぐらいにしか残っていない。

 いま建設中の「バルチック鉄道」は、欧州標準軌で、ワルシャワとヘルシンキを結ぶ新線だ。

 リトアニア政府はしかし、ロシア標準軌条の線路を撤去してしまうつもりはない。

 欧州とロシアの間の条約というものがあるので、勝手にパイプラインを閉じたりレールを外してしまうことはできないのだ。』