中共企業がノースダコタ州にある農場を買った。300エーカー。

中共企業がノースダコタ州にある農場を買った。300エーカー。
https://st2019.site/?p=19963

『Leah Barkoukis 記者による2022-7-15記事「’Impossibly Stupid’: US Farmland Was Just Sold to a Chinese Firm and There’s a Big Problem With Its Location」。

 中共企業がノースダコタ州にある農場を買った。300エーカー。

 その農場から12マイルのところに、「グランド・フォークス」空軍基地がある。そこは米軍の無人機管制拠点のひとつで、衛星を通じたアップリンクとダウンリンクの電波が輻輳する空間でもある。

 ゴードン・チャンは「信じられないほどマヌケ」と痛評する。
 中共がフロント企業を駆使してこういうことをしてくるのはあたりまえ。それを許してしまう側が阿呆なのである。

 現在米連邦議会の共和党は、米国内の農地であっても、ロシア・中共・北鮮・イラン企業には売ってはならぬという立法を目指している。』