中国王毅(ワンイー:Wang Yi)の国家観

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:中国王毅(ワンイー:Wang Yi)の国家観
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5354566.html

『中国外交部の王毅(ワンイー:Wang Yi)部長は2022年7月7日、インドネシアでのG20外相会合のフィールドでインドのスブラマンヤム・ジャイシャンカール外相と会談した中で、ウクライナ危機を前提にして、中国や他の国に対して一方的な制裁を発動すれば、状況をますます複雑化させるとする声明を表した。

「中には、ウクライナ危機を中国やその他の国に対して過度な制裁を一方的に発動する前提として利用している諸国がある」中国外交部の公式サイトは王外相の声明を発表している。彼は定年で退陣予定であり、現在各国をダメ押しと恫喝の為に歴訪中だ。

王外相は、正しくない、非合法的な行為は諸国間の正常な相互関係をただ損ねるだけであり、国際貿易の共通の規則に違反し、「ウクライナ危機を一層複雑化させるだけ」だと指摘した。

王外相は、あらゆる方面がともにこうしたことに対抗し、国際協力にオープンかつ公平、差別のない環境作りに邁進すべきだと強調した。参照記事
cafc8384、、、、

共産主義一党独裁だけが善とする確信犯相手に何を言っても無駄なのだろう。ba41f2b9-s
彼らには、用意周到に国際法違反である武力侵略を開始し、独立国家の主権、生命財産を奪っている国が悪であると言う国際常識もとどかない。それを支援する中国が蛮族savage tribeと見られることへ強烈な反発を見せているが、すべての主張が嘘なのは「新疆公安文書」の暴露で裏付けられ、金で事実を隠ぺいし、国連まで操る体質は相変わらずだ。参考:国連特別報告者に中国から2500万円、「民族浄化の隠蔽支援」

これまで欧米の一部にあった、共産、社会主義が、自由民主主義への過渡期的現象だと言う神話には全く根拠が無く、専制国家維持の為なら、あらゆる悪事を行う国であることだけが証明された。ac535cd3

莫大な富を維持するには、権力を維持し続けることだという公式の中で生きる王毅(ワンイー)には何を言っても無駄で、そこには、地動説の現実に天動説を信じるような非常識な時代錯誤しかない。

彼らの手法の危険なのは、それを信じない者は洗脳か、抹殺する手段に出る事で、恐怖、弾圧が専制国家の定義であり、その様な国で共通するのは権力者の神格化だ。
78051996

つまりは、世界に向け「神の声に従え」というタリバンン体制となんら変わらない国家観なのだ。そこには人道主義も、国際正義も、全く微塵も存在しない。片やターバンを巻き、片やネクタイを締めた悪党でしかない。 

過去ブログ:2022年6月「新疆公安文書」流出の衝撃 暴かれた中国の嘘 3月中国は制裁破りの常習と欧州の露産原油、石油への家庭事情 2021年8月タリバン訪中の会談の内容と中国の投資が進む隣国パキスタン 7月習近平国家主席が党幹部の仕事ぶりに怒り 硬直した体制に問題? 6月戦狼外交に反省なし 中国』