ウクライナの対戦車チームの一部は、サイドカーを愛用している。

ウクライナの対戦車チームの一部は、サイドカーを愛用している。
https://st2019.site/?p=19914

『Emma Helfrich 記者による2022-7-7記事「Ukrainian Missile Teams Are Using Old School Motorcycles With Sidecars」。

    ウクライナの対戦車チームの一部は、サイドカーを愛用している。
 ミサイルは「9K115-2 メティス-M」という。

 車体だが、「Dnepr-ブランド MT-11」だそうで、1980年代にキエフのバイク工場で生産された。その原型は1964年にソ連軍が採用した軍用バイクの「MV-750」である。※ナナハンか。

 さらにさかのぼるとそれは1940年にソ連がドイツからライセンスを買った「BMW R71」なのである。
 「Metis-M」は有線誘導式。1982からあるATGMを1992に改善した。NATOでは「AT-13」と呼ぶものだ。

 レンジは3280フィート。最短レンジは131フィート。ビルの屋内からも発射できるとされている。

 ※湯水のように1日に500発もジャヴェリンを濫費され続けたらアメリカといえどもたまったものじゃない。おまえらは「サガー」でも使ってりゃいいんだ、と言われたのかもな。というか、どうして在庫ありまくりのはずのTOWを処分援助しない? TOWと中古の4×4車を組み合わせて贈った方が、ジャヴェリン1発よりも安いだろう。』