中韓外相が初会談 「積極的な対話」で一致

中韓外相が初会談 「積極的な対話」で一致
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM07DUW0X00C22A7000000/

『【ソウル=甲原潤之介】韓国外務省は7日、朴振(パク・ジン)外相が訪問先のインドネシア・バリ島で中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相と50分間会談したと発表した。中韓外相の会談は5月の韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権発足後、初めて。外相間や外務次官級の対話を積極化すると合意した。

朴氏は6月の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議への出席などを念頭に、韓国が「自由と平和のための国際社会の連帯」に参加したと説明した。「韓中関係も普遍的価値と規範に基づき発展することを期待する」と伝えた。北朝鮮の核問題で中国に役割を発揮するよう求めた。

韓国側によると、王氏は韓国を「切り離せない重要な隣国」だと述べ、両国間の意思疎通の強化に意欲を示した。

両氏は、朴氏の早期訪中と王氏の2022年後半の訪韓に向け協力すると申し合わせた。

韓国は中国を明記する戦略概念を定めた6月のNATO首脳会議に、日本などと同様にパートナー国として参加した。対中姿勢を強める米欧と足並みをそろえる一方、北朝鮮対応などを踏まえ中国とも対話を継続する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM07DUW0X00C22A7000000&n_cid=DSPRM1AR08 』