【安倍元首相銃撃】使用された銃は、自作の“ソードオフ・ショットガン”か

【安倍元首相銃撃】使用された銃は、自作の“ソードオフ・ショットガン”か 海外ミリタリー専門家が分析
https://www.news-postseven.com/archives/20220708_1771998.html?DETAIL

 ※ こういうもので、撃たれたらしい…。

 ※ テレビのニュースによれば、「輸血中。」「集中治療室で、治療中。」「明恵夫人も、病院に駆けつけた。」ということだ…。

 ※ 「心肺停止」という報道だったが、どうも「死亡が確認」されたようだ…。

『7月8日午前11時半頃、安倍晋三元首相(67)が奈良市内で演説していたところ、背後から銃で撃たれた。病院に救急搬送されたが、心肺停止状態だという。現場である大和西大寺駅近くは、街頭演説などでよく使われる場所だ。安倍元首相の演説にも大勢が集まっていた。現場に居合わせた女性が語る。

「たくさんの人が安倍さんの演説を聞いたり、カメラを向けたりしていました。演説中、急に大きな音がしました。白い煙が上がりましたが、本物の銃声なんて聞いたことがないので、『どうしたの?』とキョトンとしていたら、再び大きな音がしました。

 安倍さんが倒れているのを見て、やっと『撃たれたんだ!』とわかりました。目の前で撃たれるなんて……」

 あちこちで悲鳴が上がり、「救急車!」という怒鳴り声が広がった。スタッフは「看護師の資格を持っている方はいませんか!」とマイクで何度も呼びかけた。首相を銃撃した山上徹也容疑者(41)は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。山上容疑者はグレーのシャツにベージュのズボン、顔にはマスクと地味な服装だった。複数の報道によると、山上容疑者は元海上自衛隊員とみられるという。

 当初、使用された銃器は散弾銃だと報じられたが、奈良県警は「拳銃」だと発表。今回の事件は海外メディアでも大々的に報じられ、現地のミリタリー専門家なども武器について分析している。自作銃との説が濃厚だ。ある海外のミリタリー専門家はこう分析する。
「写真を見る限り、2本の筒をビニールテープでぐるぐる巻きにしたような歪な形状です。銃身を切り詰めて至近距離での殺傷力を上げた“ソードオフ・ショットガン”を自作したものではないでしょうか。3Dプリンタを使って制作した可能性もあります」

 元海上自衛官だとすると、銃器の扱いや構造などに詳しかった可能性がある。武器の入手経路も含めて、警察の捜査が続いている。

情報提供募集

「NEWSポストセブン」では、今回の件について、情報を募集しています。下記の情報提供フォーム、または「公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せください。

・情報提供フォーム:https://www.news-postseven.com/contact_post

・ツイッターアカウント:https://twitter.com/news_postseven 』