英与党約40人が役職辞任 閣僚はジョンソン氏に辞任要求

英与党約40人が役職辞任 閣僚はジョンソン氏に辞任要求
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR06EBM0W2A700C2000000/

『【ロンドン=中島裕介】相次ぐ不祥事で求心力が急低下するジョンソン英政権で、6日までに副大臣級を含む40人近くの与党議員が政府の役職の辞任を表明した。5日の重要閣僚2人の辞任をきっかけに、ジョンソン政権を見限る議員の動きが止まらない状況だ。英BBCは複数の閣僚が6日、ジョンソン首相に会い辞任を求めたもようだと伝えた。

ジョンソン氏の去就を巡る政局は緊迫した情勢だ。

5日にスナク財務相とジャビド保健相がジョンソン氏の政権運営を批判して辞任すると、その直後から副大臣級や政務官級の与党議員の辞任が相次いだ。6日の日中には5人の副大臣級議員が連名でジョンソン氏に辞任を伝えた。英メディアの集計では、6日深夜までに44人の保守党議員が政府の役職を辞任した。

ジョンソン氏は6日の英議会の各委員長らとの会議で、首相を続投する意欲を改めて示した。複数の閣僚らはその後に、ジョンソン氏と面会して辞任を求めたが拒否されたもようだ。BBCによると、ジョンソン氏に近いゴーブ住宅・地域社会相も個別に首相を辞任するよう求めた。ジョンソン氏は6日中にゴーブ氏を更迭した。閣僚のハート・ウェールズ相も辞任を表明した。

ロイター通信によると、与党・保守党で信任投票や党首選を運営する「1922年委員会」が11日の週にジョンソン党首(首相)の2回目の信任投票を実施するか議論する可能性があると報じた。6月に実施した信任投票ではジョンソン氏の続投が認められたものの、「不信任票」が党所属下院議員の4割超に達した。

同党の内規では1年間は信任投票の再実施はできないルールだが、政権の混乱を受けてこれを変更するか検討する。再実施により不信任票が過半数に達し、首相退陣になる可能性がある。

ジョンソン氏の求心力は昨年末以降、新型コロナウイルス対策の外出規制の最中にパーティーを開いた問題で急激に低下した。直近では、男性への痴漢行為で保守党の副幹事長を辞任した議員について、過去の同様の問題行為を把握しながらジョンソン氏が副幹事長に起用した問題も発覚。首相官邸は当初「問題行動を把握していない」とするなど説明が二転三転し、不誠実だとの批判が高まった。

【関連記事】

・ジョンソン政権窮地、再び信任投票も 重要2閣僚辞任
・英国、財務相・保健相が辞任 不祥事続く政権に反旗 』