スリランカ「破産」宣言 ガソリンなど不足、危機長期化

スリランカ「破産」宣言 ガソリンなど不足、危機長期化
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06E0A0W2A700C2000000/

『【ニューデリー=時事】経済危機に直面しているスリランカのウィクラマシンハ首相は5日、議会で演説し、国の「破産」を宣言した。危機的状況は来年も続く見通しで、混乱の長期化は必至。ガソリンなどの燃料が極度に不足しており、AFP通信によると、給油所で自動車に乗って数日間列に並んでいた60歳の男性が車内で死亡しているのが5日見つかった。

首相は議会で、金融支援獲得に向けた国際通貨基金(IMF)との交渉について説明。地元紙デーリー・ミラー(電子版)によると、「過去には発展途上国として(IMFと)協議してきたが、今は破産国家として協議しているため、交渉はより困難で複雑になる」と述べた。年末にインフレ率が60%に達するとの見通しを示し、「2023年も困難に直面するはずだ。これは真実であり現実だ」と強調した。

スリランカは外貨不足により燃料を輸入できず、国内の在庫がほぼ尽きた状況。通勤・通学で消費されるバスや鉄道の燃料を節約するため、全土で休校措置を取ったり、公務員に在宅勤務を求めたりしている。燃料不足に陥った過去2カ月で、給油所で長時間待つ間に病気などで突然亡くなる例も相次いでいるという。

中国から巨額の借り入れを行い危機の原因をつくったとされるマヒンダ・ラジャパクサ氏は5月、反政府デモが続く中、首相を辞任した。後任となったウィクラマシンハ氏に対する不満も高まっており、9日に全国規模の抗議集会が予定されている。

ウィクラマシンハ氏はインドと中国、日本などからの援助に期待を寄せる。しかし、新型コロナウイルス感染やロシアのウクライナ侵攻で世界経済は減速の見通しが強まっており、十分な支援を得る筋道は見えていない。

【関連記事】

・スリランカ首相 「8月末までにIMFへ債務再編計画」
・IMF、スリランカ支援へ協議継続
・[FT]スリランカ首相「中国から数億ドルの融資提案」

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

慎泰俊のアバター
慎泰俊
五常・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
コメントメニュー

分析・考察

ウィクラマシンハ氏は、知的で誠実な態度から信頼されている政治家です。彼は耳障りのいい嘘をつくのを嫌います。

スリランカは外貨を観光、海外からの投資、その他輸出で仕入れ、それを対外債務の返済、原油・肥料・医薬品・食料品の輸入に用いていました。

そこにCovidで観光収入が激減、ポピュリスト政権の減税、政府支出のための借入の増大(相当部分がラジャパクシャ家の懐に入っていると噂される)、インフレによる輸入品価格の急騰、海外からの投資激減が重なりました。天災・人災・戦争が重なった危機です。
短期的には先は暗いですが、スリランカの教育水準は高く人は優秀です。長期的には希望をもっています。
2022年7月7日 10:45

高橋徹のアバター
高橋徹
日本経済新聞社 編集委員・論説委員
コメントメニュー

ひとこと解説

「破産を宣言」とは刺激的な言い回しですが、ややミスリードな印象を受けます。スリランカの外債はすでに5月にデフォルトに陥り、その時点で国家として破産状態となっていました。スリランカにとっては独立以来、初の債務不履行です。ウィクラマシンハ首相が議会でIMFとの交渉状況を説明する際、「破産」という言葉を使ったのがプレーアップされたものの、何か局面が変わったわけではありません。もちろん燃料不足やハイパーインフレは深刻。インドなどからのつなぎ支援でしのぎながら、8月末までにIMFとまとめる債務再編計画とその後の本格支援が速やかに実施されるのを待つしかありません。
2022年7月7日 11:49 』