ケイト・ベディングフィールド

ケイト・ベディングフィールド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

『ケイト・ベディングフィールド(Katherine Joan Bedingfield[1]、1981年10月29日[2] – )は、アメリカ合衆国のホワイトハウス広報部長。2020年の大統領選挙ではジョー・バイデンの選挙対策副本部長を務めた[3]。
経歴

ジョージア州フルトン郡サンディ・スプリングスに生まれ育った[4]。サンディ・スプリングス・ミドル・スクールに進学し、リヴァーウッド高校を卒業した。バージニア大学で学士を取得した[1]。

2006年12月に民主党の元上院議員のジョン・エドワーズが次期大統領選挙への出馬表明をすると、エドワーズの選挙対策本部でスポークスパーソンを務めた。エドワーズは予備選挙でバラク・オバマやヒラリー・クリントンらとの戦いに敗れ、2008年1月30日に選挙から撤退した。

2008年11月の上院議員選挙で、ベディングフィールドは、ニューハンプシャー州から出馬したジーン・シャヒーンの選挙対策本部のディレクターを務めた[4]。シャヒーンはこの選挙で共和党現職のジョン・E・スヌヌを打ち破り、初当選した。

2011年11月、映画関係の業界団体「モーション・ピクチャー・アソシエーション」に勤務。スポークスパーソンや広報の仕事を行った[4]。

2015年、副大統領だったジョー・バイデンの広報部長に任命された。また、バラク・オバマ大統領の下で、メディア関連の部局などで要職を務めた[5]。
ジョー・バイデン大統領とベディングフィールド(2021年8月)

2019年4月25日、バイデンは2020年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党予備選挙への出馬を表明。2020年春に党指名を確実にすると、バイデンはベト・オルーク元下院議員の選対本部長を務めていたジェニファー・オマリーディロン(Jen O’Malley Dillon)を自身の選対本部長に抜擢。さらにベディングフィールドが選対副本部長に起用された。広報戦略でバイデンを支えたのも陣営顧問のアニタ・ダン、シモーン・サンダースの二人の女性であった[3]。

2020年9月、『フォーチュン』誌は、この年の「40 Under 40(40歳以下の40人)」を発表。ベディングフィールドは同誌が考える「最も影響力のある若者のリーダー40人」の一人に選ばれた[2]。

2020年11月29日、次期大統領のバイデンと次期副大統領のカマラ・ハリスは、ホワイトハウスの広報チームを構成する高官7人の顔ぶれを発表。ジェン・サキがホワイトハウス報道官に、ベディングフィールドがホワイトハウス広報部長に起用され、すべての主要ポストが女性で占められた[6]。2021年1月20日、バイデン政権発足とともに同職に就任。
私生活
2013年1月にワシントンD.C.で結婚。夫と二人の子供と暮らしている[1][2]。』