カリーニングラード州知事、リトアニアに警告 制裁巡り

カリーニングラード州知事、リトアニアに警告 制裁巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN060790W2A700C2000000/

『バルト3国の一つリトアニアがロシア本土から同国西部の飛び地カリーニングラード州に向けた欧州連合(EU)制裁対象の貨物を積んだ列車の通過を禁じた問題で、アリハノフ・カリーニングラード州知事は5日、同州以外のロシア領とバルト3国との間の貨物通過を全面禁止する対抗措置も検討されていると述べた。リトアニア側への警告とみられる。タス通信が伝えた。

アリハノフ氏は、現在はアジアなどからバルト3国の港を経由してロシアや欧州諸国などへ送られている物資の輸送が完全にストップされる可能性があると指摘した。

その一方で「これは最も極端な場合だ」とも述べ、リトアニア側に暗に譲歩を促した。

リトアニアは先月中旬から、ロシア本土からカリーニングラード州への輸送制限を実施。EU欧州委員会と協議した結果の措置だとし、EUの対ロ制裁基準に沿ったものだと説明している。(共同)』