香港、中国返還25年 習近平氏「一国二制度は成功」

香港、中国返還25年 習近平氏「一国二制度は成功」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM30C1D0Q2A630C2000000/

『【香港=木原雄士】香港は1日、英国から中国への返還から25年を迎えた。習近平(シー・ジンピン)国家主席は記念式典の演説で「一国二制度の成功は世界に広く認識されている。変更する理由はなく、長い間維持されるべきだ」と述べた。香港への統制強化をめぐり欧米との対立が深まるなか、統制強化を正当化する狙いがある。

一国二制度は外交や防衛を除く分野で、高度の自治を認めるしくみ。中国は返還後50年間、制度を維持し言論や報道の自由も保障すると約束した。返還25年は50年の折り返しとなる節目だ。

習氏は演説で「香港は25年間で力強い経済成長をなし遂げた。資本主義に変更はなく、高度の自治を保っている」と述べた。一国二制度に関しては「香港の特別な地位と強みを維持しなければならない」と語り、今後も堅持する方針を示した。

一方「香港が混乱に陥っている余裕はない」と指摘。「政治体制は愛国者が掌握しなければならない」と強調し、中国による統制強化の路線を正当化した。

習氏は1日に就任した香港政府トップの李家超(ジョン・リー)行政長官の就任宣誓にも立ち会った。警察出身の李氏は2019年の大規模デモを強硬に取り締まり、中国に批判的な日刊紙、蘋果日報(アップル・デイリー)を廃刊に追い込んだ実績が買われた。

国際社会では返還後の25年間で香港の高度の自治が損なわれ、一国二制度が形骸化したとの指摘が出ている。大規模デモの後、中央政府が主導して香港国家安全維持法の制定や選挙制度見直しを進めたためだ。中国に批判的な民主派は政治の場から一掃され、言論の自由も大幅に縮小した。

返還記念日の1日は民主派団体がデモをするのが恒例だった。国安法の施行後に主要な活動家らが収監され、民主派団体の解散も相次いだ。今年は社会民主連線(社民連)も抗議活動を見送った。メンバーが警察から家宅捜索を受け、監視を受けていると明らかにした。

【関連記事】

・図解・香港 中国返還25年、一国二制度が形骸化
・香港、今なお残る英国文化と強まる中国色
・ジョンソン英首相、香港「一国二制度」揺らぎに懸念
・米国務長官、香港の「高度な自治」衰退を批判 返還25年