集合住宅にミサイル、10人死亡 ウクライナ南部

集合住宅にミサイル、10人死亡 ウクライナ南部
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB012VR0R00C22A7000000/

『ウクライナ南部の港湾都市オデッサで1日、9階建ての集合住宅にロシア軍のミサイルが着弾し、地元当局者は通信アプリ「テレグラム」への投稿で「少なくとも10人が死亡した」と明らかにした。ただ、ロイター通信は正確な犠牲者数を確認していない。

同当局者は国営テレビに、攻撃によって建物の1区画が破壊され、子供3人を含む7人が負傷したと語った。数人が依然としてがれきの下敷きになっており、救助活動が続いているという。これとは別に研修施設にもミサイルが撃ち込まれ、数人が負傷した。

ウクライナでは6月27日、中部クレメンチュクの大型商業施設にもロシア軍がミサイル攻撃を加え、多数の死傷者が出た。ゼレンスキー大統領は「意図的なテロ攻撃」だと非難したが、ロシアは商業施設に隣接する武器貯蔵庫を攻撃したと反論。ウクライナ側の主張を否定している。(ロイター時事)』