あなたはロシアの核兵器が怖いだろうか? だったら次のことを思い出せ。

あなたはロシアの核兵器が怖いだろうか?
 だったら次のことを思い出せ。
https://st2019.site/?p=19863

『 Kamil Galeev 記者による2022-6-30記事。

 シベリア鉄道の「Sgibeevo」駅と「Bolshaya Omutnaya」駅の間で貨物列車19両が脱線したとRIAが報じている。

 カミル・グリーフ氏の断言。ロシアによる戦争を止めたくば、西側においては、ジーメンスと Heidenhain の独2社に対露サポート・ビジネスを絶対に禁ずること。露国内においては、鉄道サボタージュが一番だ。

 数値制御の工作機械は、家電品とは違い、納品したメーカーによる常続的なメンテナンスが不可欠なのである。そのメンテナンスを禁じてしまいさえすれば、買い手には、自力ではどうしようもないのだ。

 この点、ドイツ人は巧妙だった。ぜったいに機械のコントロール権のすべてを買い手の工場には渡さないという商売流儀をもっているのだ。納入した工作機械は、永遠に、メーカーの飯の種になるようにしているのである。

 いま現在、なおもまだドイツ製の工作機械が、ロシアの軍需工場で、普通に稼動を続けているという。これはとてもおかしい。ドイツ人がメンテナンスを続けている疑いが濃厚だ。さもなければ稼動の継続はありえないのだ。西側諸国はドイツを捜査せよ。

 あなたはロシアの核兵器が怖いだろうか?
 だったら次のことを思い出せ。
 それを製造しているのは、ドイツ製のNC工作機械である。ドイツ製のNC制御ソフトである。今もってそれが動いているが、それはドイツ人技師が日常のメンテナンスを絶てば、すぐに止まってしまうものなのである。』