NATO「中国は体制上の挑戦」 戦略概念で初言及

NATO「中国は体制上の挑戦」 戦略概念で初言及
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR29D3B0Z20C22A6000000/

『【マドリード=竹内康雄】北大西洋条約機構(NATO)は29日、今後10年の指針となる新たな「戦略概念」を採択するとともに、首脳宣言を発表した。NATOの戦略概念として初めて中国に言及。中国が「体制上の挑戦」を突きつけていると明記した。

新しい戦略概念は2010年に採択して以来約12年ぶり。これまでの戦略概念はロシアとの関係を「戦略的パートナーシップ」と呼ぶ一方、中国には触れていなかった。新概念はロシアを「最も重要で直接の脅威」と定義。ウクライナに侵攻し、NATOと対立を深める現状を映した。

中国について、核兵器の開発に加え偽情報を拡散したり、重要インフラ取得やサプライチェーン(供給網)を支配したりしようとしていると分析。宇宙やサイバー、海洋で、軍事的・経済的な影響力を強めていると主張した。中ロが、ルールに基づく秩序を破壊しようとしていることは「我々の価値と利益に反している」と強調した。

ストルテンベルグ事務総長は記者会見で「中国の威圧的な政策は、我々の利益、安全、価値に挑んでいる」と戦略概念と同様の表現で訴えた。中ロの位置づけを大きく変えたことで、米欧の軍事同盟であるNATOは歴史的な転換点を迎えた。

首脳会議には日本やオーストラリアなどアジア太平洋の4カ国を招いた。戦略概念はインド太平洋地域の情勢が「欧州・大西洋に直接影響することを考えると、同地域は重要だ」として、対話と協力を深める方針を明記した。

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

川島真のアバター
川島真
東京大学大学院総合文化研究科 教授
コメントメニュー

別の視点

NATOへの日韓首脳の参加は確かに画期的だ。それにより中露との対立軸が明確になりつつある。ここでは、軍事的脅威と共に経済にも言及するが、それは経済が安全保障の一領域だからだろう。中国は、NATOや日米などアメリカを中心とする安保ネットワークに強く反発し、そして日韓の首脳のNATO首脳会議への参加を強く警戒してきた。中国からすれば包囲網の形成に映るからだ。対立軸は明確になったが、他方で依然中国と先進国との経済関係は緊密だし、新興国や開発途上国も先進国か中露かという対立を必ずしも望まない。中国の「挑戦」を安全保障に関わる領域に限定するのか、広く経済関係全般に広げてみるのか。依然、先行きは不透明だ。

2022年6月30日 4:57

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 特任編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説

「中国の野心や威圧的な行動は、我々の利益、安全、価値に対する挑戦である」。NATOが採択した「戦略概念」。パラグラフ13の表現に誤解の余地はありません。脅威は軍事と経済が融合したもので、「中国は重要技術や産業分野、死活的インフラ、戦略物資や供給網を支配下に置こうとしている」と断じます。そして中ロ両国は「戦略的提携」を深め、ルールに基づく国際秩序に挑戦する意思を両国が固めつつある、との認識をNATOは示すのです。
つい数年前までドイツのメルケル首相が中国詣でを重ねていたことが噓のようです。欧州がようやく目覚めてくれた。日本からすればそんな感じです。この機をとらえて、具体的な連携強化が急がれます。

2022年6月30日 2:13 』