米大統領、トルコ大統領に謝意 戦闘機の近代化支援へ

米大統領、トルコ大統領に謝意 戦闘機の近代化支援へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN3005Z0Q2A630C2000000/

『【マドリード=坂口幸裕】バイデン米大統領とトルコのエルドアン大統領は29日、スペインの首都マドリードで会談した。バイデン氏は北欧のフィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)に加盟することを容認する姿勢に転じたエルドアン氏に「感謝したい」と伝えた。米国はトルコが求めていた戦闘機の近代化を支援していく。

バイデン氏はロシアによる黒海封鎖でウクライナからの穀物輸出が滞っている問題を巡ってもトルコが打開に努力していることを評価した。

エルドアン氏は「あなたたちの取り組みは将来のNATOの強化という点で極めて重要だ」と話した。穀物輸出に関して「いい結果になるよう望んでいる」と語った。

ロイター通信は、バイデン政権がトルコが求めている米ロッキード・マーチン製の戦闘機「F16」の売却に応じる可能性があると報じた。米政府高官はトルコの軍事力強化がNATOの防衛強化につながるため「トルコの戦闘機の近代化を支持する」と述べたと伝えた。

トルコは米国が反対するロシア製ミサイル「S400」を購入し、米国は次世代戦闘機「F35」の開発プロジェクトからトルコを締め出した。トルコはF35に代わる措置として米国に新型のF16を売却するよう求めている。

トルコは自国が敵対する非合法武装組織、クルド労働者党(PKK)の関連組織をフィンランドとスウェーデンが支援し、トルコへの武器の輸出を禁じているなどと反発していた。28日に3カ国はトルコの懸念に対処する覚書に署名した。』