トランプ氏、支持者の武装を事前把握 議会占拠事件巡り

トランプ氏、支持者の武装を事前把握 議会占拠事件巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2905H0Z20C22A6000000/

『【ワシントン=中村亮】米国のトランプ前大統領が2021年1月の議会占拠事件当日に実施した演説の会場に集まった支持者の一部が武装していたと事前に把握していたことが28日、議会公聴会で明らかになった。トランプ氏は支持者とともに議会へ向かおうとしたが大統領警護隊(シークレットサービス)に拒否されて車内でもみ合いになったという。

占拠事件に関する28日の公聴会は下院特別委員会が緊急で開いた。トランプ政権で大統領首席補佐官を務めたマーク・メドウズ氏の元側近キャシディ・ハチンソン氏が証言した。特別委員会は「最近入手した証拠や証人の証言を示すためだ」と説明し、全米の注目が集まっていた。

議会占拠事件は、トランプ氏がホワイトハウス近くの広場で演説をした直後に起きた。特別委員会に参加するリズ・チェイニー下院議員はこれまでの調査で、演説会場に集まった支持者が催涙スプレーやナイフ、拳銃などを所持していたと指摘した。持ち物検査を拒んだ支持者は会場の近くに集まり、やや離れた位置から演説を聞いていたという。

演説に関連し、ハチンソン氏はトランプ氏が支持者が武装していることを知っていたと主張した。トランプ氏は「支持者が武器を持っていても構わない。支持者は私を傷つけない。警備員をどかして私の支持者を入れればここから議会に行進できる」と話していたという。

トランプ氏は演説で2020年の大統領選についてバイデン氏の勝利を認めなかった。議会でバイデン氏を次期大統領へ選出する手続きが進むなかでトランプ氏は演説で「議会議事堂へ向かおう」などと訴えた。支持者の武装を把握したうえで議会に向かうよう呼びかけていれば暴動に発展するリスクを認識していた公算が大きい。

この演説直後にトランプ氏も議会に向かう極秘計画があった。ハチンソン氏が周辺から聞いた話によると、議会周辺では支持者による議会への侵入が始まりつつあり、トランプ氏は大統領専用車に乗り込むと議会訪問の中止を告げられた。トランプ氏は激怒して「俺は大統領だぞ、いますぐ議会へ行け」と訴えて、ハンドルをつかもうとするなどシークレットサービスと激しくやり合った。

議会に襲撃したトランプ氏の支持者の一部は、当時のペンス副大統領を絞首刑にすべきだと訴えた。ペンス氏はバイデン氏の大統領選出を決める議会手続きの議事進行役を担っていた。トランプ氏はペンス氏に大統領選の結果を覆すよう促していたが、ペンス氏は従わなかった。

メドウズ氏は早期に占拠事件を収拾するための対応をすべきだと、周囲から進言を受けていたが真剣に取り合わなかった。メドウズ氏は「トランプ氏はペンス氏には絞首刑がふさわしいと思っている。トランプ氏は支持者が悪いことをしているとは考えていない」と述べたという。

議会占拠事件の翌日、トランプ氏はバイデン氏への政権以降を認めた方針を示し、ホワイトハウスを離れる意向を示した。ハチンソン氏はその理由の一つとして、ペンス氏や閣僚が憲法修正第25条を発動してトランプ氏を免職するとの懸念が強まっていたからだと説明した。政権内でトランプ氏への不信感が極まっていたことを物語る。

特別委員会はトランプ氏が大統領選出に向けた議会手続きを妨害し、連邦法違反に相当するとの見方を強めているようだ。トランプ氏と、襲撃事件を起こした支持者の直接的なつながりを立証できれば、トランプ氏は議会襲撃を扇動した罪を問われる可能性も指摘されている。

特別委員会はトランプ氏を起訴する権限はなく、司法省に委ねられている。トランプ氏の不正行為をあぶり出していき、司法省に対してトランプ氏の捜査を加速するよう促していくとみられる。

【関連記事】

・議会占拠、トランプ氏を罪に問えるか(The Economist)
・「トランプ支持者が脅迫」 米議会占拠事件の公聴会証言
・米議会占拠で公聴会 民主主導で追及「クーデター未遂」

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

負けても負けを認めないのはトランプのいけないところ。その背景に、トランプの熱烈な支持者がいて、アメリカは二分されている。一人の人間はどんな間違いを犯しても、正しいことを行うことがある。トランプ外交の一部はバイデン大統領に引き継がれている。むろん、間違いも多い。北朝鮮政策やパリ協定からの離脱は明らかに間違い。そのなかで、議会占拠はなによりも許されないことである。トランプは再度立候補しても、当選されまい。
2022年6月29日 9:14

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN2905H0Z20C22A6000000&n_cid=DSPRM1AR08 』