「ゼロコロナあと5年」 習氏側近の北京トップ表明か

「ゼロコロナあと5年」 習氏側近の北京トップ表明か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM283DC0Y2A620C2000000/

『【北京=羽田野主】中国・北京市トップの蔡奇・市共産党委員会書記が新型コロナウイルスの感染を徹底して抑え込む「ゼロコロナ」政策を今後5年間堅持すると訴えたと中国メディアが伝えたが、記事の「これからの5年」の部分をすぐに削除する騒ぎがあった。個人や企業に重い負担を強いる同政策を巡る国内の反発を懸念したという見方がある。

北京日報(電子版)によると、蔡氏は27日の党の市代表大会開幕式で「これからの5年、北京市は断固として新型コロナウイルス対策の常態化を続ける」と表明し、ゼロコロナ政策の継続を強調した。蔡氏は習近平(シー・ジンピン)国家主席の側近として知られる共産党幹部の一人だ。

「これからの5年」の部分はすぐに削除されたが、その前に中国のSNS(交流サイト)で拡散。「さらに5年もゼロコロナを続けるつもりなのか」といった反発が広がった。北京市では最近までゼロコロナ政策の徹底で庶民の憩いの場である食堂や公園なども閉鎖に追い込まれていた。

北京日報は27日「記者が誤って『これからの5年』を書き加えた」と釈明した。香港紙の星島日報は今回の騒動について「ゼロコロナの死守は、市民にとっては我慢ならないということだ」と評した。』