韓国、ポーランドと兵器輸出協議へ 欧州各国と首脳会談

韓国、ポーランドと兵器輸出協議へ 欧州各国と首脳会談
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM272VI0X20C22A6000000/

『【ソウル=甲原潤之介】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は27日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するためスペインへ出発した。滞在中に欧州各国の首脳と個別に会談する。ロシアの侵攻を受けるウクライナの隣国、ポーランドと韓国製兵器の輸出を通じた防衛協力について協議する。

韓国はウクライナに対し合計1億ドル(約135億円)の人道支援を提供する一方、殺傷能力を持つ兵器の提供は控えている。今後、隣国のポーランドへの兵器売却を通じ、間接的にウクライナへの軍事支援に関与することを検討する。自国の防衛産業を育てる狙いもある。

ポーランドは東欧諸国のなかで最大規模の兵力を持ち、ウクライナへの軍事支援に積極的だ。ドイツの経済シンクタンク、キール世界経済研究所によるとポーランドは支援額で米国、英国に次ぐ3位となっている。

韓国メディアによるとポーランドは韓国製の機関銃や戦車、装甲車などに関心を示しているという。ウクライナへの支援で不足した自国の兵器を補うためとみられる。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、韓国は過去5年間の累計で世界8位の兵器輸出国だ。輸出先はフィリピンやインドネシアなどアジア諸国が多い。

今年1月には当時の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がアラブ首長国連邦(UAE)など中東諸国を訪問し兵器輸出について協議した。尹氏は今回のNATO会議への参加を機に欧州勢への輸出拡大を模索する。

韓国大統領府によると尹氏は30日までスペインに滞在し、合計9カ国首脳との会談を計画している。チェコには原子力発電所の売り込みを図る。オランダと半導体分野、デンマークとは水素エネルギー分野でそれぞれ協力を推進する。

この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/South-Korea-to-discuss-arms-sales-to-Poland-on-NATO-sidelines?n_cid=DSBNNAR 』